サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ「Ninja400」を徹底解説! 日本のヨンヒャクの歴史をひっくり返した大逆転モデル【現行車再検証】

ここから本文です

カワサキ「Ninja400」を徹底解説! 日本のヨンヒャクの歴史をひっくり返した大逆転モデル【現行車再検証】

2018年2月にニューモデルとして発売されたNinja400は、250ccの車体に400ccのエンジンを搭載し、軽量・コンパクトかつパワフルで大ヒット。250ccと400ccの歴史を振り返りながら、このマシンの特徴を解説する。
※月刊オートバイ2019年4月号掲載「現行車再検証」より

400ccの苦境を救ったのはまたもカワサキ・ニンジャ
魅力的なモデルが少なく、モデルチェンジも少ない――。かつて、そんなジリ貧状態だった250ccクラスを救ったのは、2008年のカワサキ・ニンジャ250Rだった。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売はいつ? 値段はいくら?

そのニンジャ250Rの登場で、ホンダもヤマハもスズキも、ニューモデルを続々と登場させ、250ccクラスが再び元気になったのはご存知の通り。

250ccって排気量のカテゴリーがダメなんじゃない、魅力的なモデルがなかっただけ、ってみんなが気づいた瞬間。だからニンジャ250は、250ccクラスを、日本のオートバイ市場を救ったのだ。

でも待てよ。救うべきは250ccだけ? いやそのひとつ上、実は400ccクラスだって事情は同じようなものだ。

特に400ccってカテゴリーは日本特有のもので、かつて「中型限定免許」と呼ばれていた「普通二輪免許」があるから存在しているようなもの。免許は250ccモデルに乗るのと同じ「普通二輪免許」枠なのに、車検があるという点はビッグバイクと同じ「大型免許」枠。

二つの免許のデメリットを併せ持つから、若いファンは「400ccに乗るなら、大型免許取ってオーバーナナハンに乗るさ」なんてソッポを向く。400cc不人気の原因は、ずばりココだろうと思う。

けれど400ccというカテゴリーは、普通二輪と大型二輪免許枠の「悪いところ取り」なわけではなく、実は普通二輪と大型二輪免許枠の「いいところ取り」でもあるのだ。

それが、小さいサイズで大排気量――という、オートバイという乗り物の決定的なメリット。かつて600ccが「400ccサイズで750ccの出力」と評価されたことがあったけれど、いま400ccは「250ccの車体に650ccの出力」なモデルに向かおうとしている。

口火を切ったのは、またもカワサキ・ニンジャだった。ニンジャ400は昭和50年、つまり1975年に、二輪免許に「中型限定」条件が付加された時以来の、歴史的「大逆転」オートバイともいえるのだ。

ライバルを圧倒する軽量コンパクトさ
2018年にデビューしたニンジャ400は、これまでのニンジャ400Rの後継機種だ。けれど、その成り立ちは思い切り変化していて、これが歴史的「大逆転」の意味でもある。

従来型400Rは、海外仕様のER6をベースとした400ccバージョンだった。走ればのんびりゆったり、おおらかな乗り味で、600ccサイズの車体に400ccエンジンという、スポーツバイクの味が希薄なモデルだったのだ。

それが新型は一新。今度はなんとニンジャ250と同時開発で車体を共有化した400ccバージョン。つまり250ccのボディに400ccエンジンを積んだスポーツバイクだ!

先代の400Rが44PSを発揮、199kgの車両重量だったのに対して、現行モデルは48PSで167kg! 30kg以上の軽量化でパワーアップなんて、これは事件なのだ。

ちょうど1年前、ライバル車と乗り比べたことがあった。ホンダCBR、ヤマハR3、そしてニンジャと一長一短はあったが、ニンジャの軽量コンパクトさと力強さは圧巻! スポーツナンバー1だったのだ。

大を兼ねた小であり、小を兼ねた大である
ニンジャ400の乗り味は、単純明快。まさに250ccのボディサイズに400ccの力があるタイプで、軽量コンパクト、俊敏で力強く走る。

250ccのボディに48PSとシングルディスクブレーキは……と不安がる向きもあろうけれど、心配無用。車体剛性や制動力の不足を感じることはなく、ニンジャ250のバイアスタイヤに対し、400はラジアルタイヤを装着していることで、直進時もコーナリング時も、安定感は段違いだった。

しかも、発進トルクからズ太いニンジャ400の水冷ツインは、決して手に負えない力を出すタイプではない。回転を上げたときの盛り上がり感はむしろ250の方がドラマチックで、400は太いトルクがスピードを乗せてくれて、回転を上げなくとも快適に走れる。

それでいて、6500回転以上のエリアでは、完全にひとクラス上の力強さがある。そのパワーを250ccの気軽さで振り回せるのがニンジャ400の真骨頂なのだ。

細かく動く局面では250ccの気軽さを、クルージングでは650ccの快適さを味わえる、これが250/400同時開発の狙いなのだろう。

小さい方と大きい方の良さを兼ね備えたことで、ニンジャ250もニンジャ650もかすんでしまうかも――そんな余計な心配をしちゃうほど、ニンジャ400の完成度は高い。

ステップアップよりもダウンサイジング
スポーツラン、街乗りで光るニンジャ400の良さは、クルージングでも感じることができる。軽量な車体ゆえの不安定さはなく、100km/h+αのクルージングは快適のひとこと。

クルージングでは車重の重さがメリットになることが多いが、ニンジャ400の車重が軽薄さを感じさせることはない。

同じ重量の250では安定感に欠けることがあっても、400は駆動力があるからOK。6速100km/hは約6000回転で、これはニンジャ250が7200回転ほど回っている局面。燃費もいいし、安定性も高いし、エンジンをブン回さないクルージングで、長距離だって疲れは変わってくる。

ニンジャ400の軽量コンパクトさはスポーツランで光るけれど、クルージングでも大きなメリット。250ccとのボディ共用化は、これほどまでに得るものが多い。

250ccから乗り換えるメリットは少ないかもしれない。けれどニンジャ400ならば、手に負えないビッグバイクに「乗せられている」層の乗り換え先にもピッタリなのである。

文:中村浩史/写真:島村栄二

カワサキ Ninja400 (2020年モデル) 主なスペックと価格
[エンジン形式]水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
[排気量]398cc
[ボア×ストローク]70×51.8mm
[最高出力]48PS/10000rpm
[最大トルク]3.9kg-m/8000rpm
[変速機形式]6速リターン
[全長×全幅×全高]1990×710×1120mm
[ホイールベース]1370mm
[車両重量]167kg
[シート高]785mm
[タイヤ前・後]110/70R17・150/60R17
[メーカー希望小売価格(10%税込)]72万6000円

カワサキ Ninja400 各部をチェック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します