サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長3.6mで200馬力級ターボ搭載!? ダイハツの本気「アイラターボ」の超過激なカスタムがスゴかった

ここから本文です

■「シャレード デ・トマソ ターボ」の雰囲気をまとった超過激ホットハッチ

 大阪府池田市に本社を置くダイハツは、トヨタの完全子会社という立場から軽自動車や小型車の開発を得意としています。

【画像】全長3.6mボディに200馬力搭載で平気!? ダイハツ「アイラターボ」の超過激なカスタム度を画像で見る(15枚)

 軽自動車規格のない海外に向けても小型車を生産・販売していますが、かつてインドネシアのモーターショーで非常に個性的な小型車のコンセプトモデルが、ダイハツから発表されたといいます。

 ダイハツの海外専売車「アイラ」をベースに開発されたといいますが、いったいどんな特徴のあるコンセプトモデルだったのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ