サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽四輪車中古車販売、コロナ禍の影響少なく2.2%減の25万5578台 4月

ここから本文です

全国軽自動車協会連合会は5月25日、4月の軽四輪車中古車販売台数を発表。前年同月比2.2%減の25万5578台で7か月連続のマイナスとなったが、新型コロナの影響は少なく、微減にとどまった。

ブランド別では、ダイハツが同2.6%減の8万3391台で6か月連続マイナスながら、19か月連続でトップ。2位スズキは同2.8%減の7万7644台で7か月連続マイナスだった。そのほか、日産とトヨタを除く国内ブランドすべてが前年同月実績を下回った。

車種別では、乗用車が同3.5%減の20万1401台で6か月連続マイナス、貨物車は同2.9%増の5万4177台で2か月連続のプラス。

おすすめのニュース

サイトトップへ