サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ロレンソ、ヤマハの最新型に乗らなかった理由は“マシン不足”?

ここから本文です

【MotoGP】ロレンソ、ヤマハの最新型に乗らなかった理由は“マシン不足”?

【MotoGP】ロレンソ、ヤマハの最新型に乗らなかった理由は“マシン不足”?

 2020年、ホルヘ・ロレンソは過去9年間在籍したヤマハに戻り、テストライダーの任に就いた。2月初旬に行なわれたシェイクダウンでは早速ヤマハのガレージに現れ、YZR-M1での走行に入った。

 続く2月7~9日にセパン・サーキットで開催されたオフィシャルテストにもロレンソは参加し、3日目に再びマシンに跨った。

■「速いライダーが必要だった」ロッシ、ロレンソの起用をヤマハに猛プッシュ

 ただロレンソは2020年型のマシンに乗ることはなく、2019年型にのみ搭乗。最終的に46周を走行し、1分59秒697というベストタイムをマークしている。

 ロレンソによると、ヤマハは物流の問題によってロレンソの分まで2020年型マシンを用意することができなかったのだという。彼は新型マシンのフィーリングを確かめることができなかった点は残念だと話した。

「いくつかの理由があって、ヤマハは僕に新型マシンを試させなかった。僕の意見を出せたら興味深かったと思うんだけどね。この2日間で、取り組むべきふたつの弱点を見つけた。馬力とスピードだ」

 ロレンソはそう説明する。

「フィーリングは(シェイクダウンでマシンに乗った)初日にも感じたように良い。それが幸か不幸かは見方次第だけど、マシンは(過去のヤマハと)あまり変わっていない」

「ヤマハのバイクは依然として競争力があるし、スムーズな(乗り方の)ライダーなら、特に乗りやすいだろう」

 2019年、レプソル・ホンダ時代にロレンソは怪我に泣かされ、胸椎の骨折という大きな怪我も負っていた。今は回復しているロレンソだが、100%の状態に戻すにはもう少しトレーニングする必要があると彼は話した。

「タイムアタックは行なう機会がなかったんだ。(負傷した)背中はバイクに乗るには申し分ない。ただ、心肺機能をもう少し準備しておく必要があるね」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します