サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】SRTからMotoGP復帰のドヴィツィオーゾ「ヤマハのオファーに“ノー”とは言えなかった」

ここから本文です

 9月16日、ヤマハはマーベリック・ビニャーレスの離脱に伴う後任人事を発表。ファクトリーチームにはフランコ・モルビデリが加入し、ペトロナス・ヤマハSRTの空いたシートには、アンドレア・ドヴィツィオーゾが加入することとなった。

 ドヴィツィオーゾは2020年シーズン限りでドゥカティを離れると、2021年は休暇に当てていた。

■ホンダのマルケス“全賭け”体制、怪我を経ても変わらない? 「我々の哲学が変わることはない」とチームマネージャー

 ビニャーレスがヤマハを離脱し、アプリリアへ加入したことで、ヤマハとしてはその後任人事に対処する必要が生じた。そして結果的には、ドヴィツィオーゾにはMotoGP復帰のチャンスが巡ってきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ