サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】フランコ・モルビデリ、最新型バイク乗れずヤマハ幹部と話し合いも、結論は『現状は不運によるもの』

ここから本文です
 ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリはMotoGP第4戦スペインGPで3位となり、今シーズン初となる表彰台獲得を果たした。ただ彼は今シーズン、2021年型の最新マシンに乗れていないことに不満を感じており、ヤマハと話し合いの機会を持つに至ったようだ。

 モルビデリはヤマハ陣営の中で、唯一最新型のYZR-M1を使用していない。彼は昨年ヤマハ勢トップのランク2位を獲得しているものの、今シーズンも2019年型をベースとした“Aスペック”と呼ばれる型落ちのバイクでシビアな戦いを続けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン