サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車、米国初期品質調査で日本ブランド首位…JDパワー

ここから本文です

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月25日、JD パワーの「2020米国自動車初期品質調査(IQS)」において、日本ブランドの首位に立った、と発表した。

この調査は今回が34回目で、車両購入後90日間での新車の品質を調べる。初期品質は、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として算出され、数値が小さいほど不具合指摘件数が少なく品質が高いことを示す。

2020米国初期品質調査は、2020年モデルの新車を購入またはリースした顧客を対象に、2020年2月から5月にかけて調査し、8万7282人から回答を得た。

おすすめのニュース

サイトトップへ