現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE公式テストが始まるも火災により初日午後と2日目が中止。調査と安全確認後に再開へ

ここから本文です

フォーミュラE公式テストが始まるも火災により初日午後と2日目が中止。調査と安全確認後に再開へ

掲載
フォーミュラE公式テストが始まるも火災により初日午後と2日目が中止。調査と安全確認後に再開へ

 10月24日、スペインのバレンシア・サーキットで2023/2024年ABB FIAフォーミュラE世界選手権シーズン10の公式プレシーズンテストが開幕。初日午前のセッション1ではミッチ・エバンス(ジャガーTCSレーシング)が最速タイムを記録したものの、午後セッション2開始前にパドックエリアで火災が発生。この影響で2日目までの走行中止が決定している。

 全6回の走行セッションが予定されているフォーミュラEシーズン10の公式プレシーズンテスト。初日午前のセッション1ではエバンスが1分24秒474の最速タイムを記録し、導入2シーズン目となる“Gen3”マシンは、早くも昨年のプレシーズンテストで記録された1分25秒127というトップタイムを0.653秒上回る。

日本初開催の2024年フォーミュラEカレンダーが決定。中国・上海での開催も

 2番手にはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム)、3番手にはセバスチャン・ブエミ(エンビジョン・レーシング)が続き、チャンピオン経験のあるふたりが順調なスタートを切った。

 4番手のエドアルド・モルタラ(マヒンドラ・レーシング)、5番手のパスカル・ウェーレイン(タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム)も好調さをみせ、計7台が昨シーズンのプレシーズンテスト最速タイムを上回っている。

 ルーキー勢では、サム・バードの代わりにネオム・マクラーレン・フォーミュラEチームから出走したテイラー・バーナードが7番手タイムを記録。セッション半ばでトップに立ったことに加え、初の“Gen3”マシンながらFIA F3参戦で培った速さを披露した。

 今回のプレシーズンテストでは、ピットレーンで使用する急速充電プラグのテストも初めて行われ、導入2年目となるGen3をさらに習熟するための作業を各チームがこなしていたが、午後のセッション開始前にピットレーンとガレージエリアで火災が発生してしまう。

 この火災はサーキットの対応チームが即座に対応を行い、作業していた人たちを速やかに避難させたことで大事には至らず、念のため病院に搬送されたひとりについても、治療を受けることなく退院している。

 火災については、フォーミュラEおよびFIA国際自動車連盟、地元消防当局が原因を調査しているが、その後の声明で「火災によりピットレーンのガレージが損傷したため、水曜日(テスト2日目)の走行は行われない」と発表された。

 フォーミュラEとFIAは続けて、「事故原因については現在調査が進行中だが、すでに問題は特定されており、対策が進められている。(テストは)調査とさらなる安全確認の完了後、明日の最終確認を経て、木曜日(3日目)からトラック上での活動再開を目指している」とコメントしている。

■2023/2024年ABB FIAフォーミュラE世界選手権 公式プレシーズンテスト 1日目セッション1タイム結果
Pos.No.DriverTeamTime19M.エバンスジャガーTCSレーシング1’24.474213A.F.ダ・コスタタグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム1’24.617316S.ブエミエンビジョン・レーシング1’24.641448E.モルタラマヒンドラ・レーシング1’24.701594P.ウェーレインタグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム1’24.75467M.ギュンターマセラティMSGレーシング1’24.76478T.バーナードネオム・マクラーレン・フォーミュラEチーム1’24.929851N.ミューラーABTクプラ・フォーミュラEチーム1’25.25593S.セッテ・カマラERTフォーミュラEチーム1’25.2861037N.キャシディジャガーTCSレーシング1’25.3191117N.ナトアンドレッティ・フォーミュラE1’25.3221211L.ディ・グラッシABTクプラ・フォーミュラEチーム1’25.3471318J.ダルバラマセラティMSGレーシング1’25.3741425J-E.ベルニュDSペンスキー1’25.426154R.フラインスエンビジョン・レーシング1’25.4611633D.ティクトゥムERTフォーミュラEチーム1’25.557172R.シュワルツマンDSペンスキー1’25.561185J.ヒューズネオム・マクラーレン・フォーミュラEチーム1’25.6681923V.マルタンスニッサン・フォーミュラEチーム1’25.7822022L.ギオットニッサン・フォーミュラEチーム1’25.862211Z.マロニーアンドレッティ・フォーミュラE1’26.0802221N.デ・フリースマヒンドラ・レーシング1’26.385

こんな記事も読まれています

オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!
くるまのニュース
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
BMW Motorad「R12」 全面刷新したしたロードスターモデル「R12 nineT」の派生クルーザー登場
バイクのニュース
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
エンジンオイル交換の真実とは? “距離”なのか“価格”なのか、どちらが賢い選択?~カスタムHOW TO~
レスポンス
いすゞ ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】
いすゞ ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】
Webモーターマガジン
テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
テスラのサイバートラックの納車開始! ポルシェ911ターボより早いEVトラックほんとに売ったのね! 価格は約900万円から
ベストカーWeb
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
【注目モデル詳報】モデルライフ最大の改良。新開発LSDで「人馬一体」が徹底された最新マツダ・ロードスターのマニアックポイント
カー・アンド・ドライバー
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
トヨタが本格オフローダー「ランドクルーザー"70"」の販売を再開
@DIME
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
「カローラ」より小さい! トヨタが謎の「コンパクトセダン」を実車展示! 低価格なのに「めちゃ存在感ある」モデルの正体は? 泰で登場
くるまのニュース
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
初のフルモデルチェンジ!メルセデス・ベンツがミドルサイズSUV「GLCクーペ」の新型モデルを発売
@DIME
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
Merkmal
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
ホンダ「NC750X」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
webオートバイ
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
知る人ぞ知る真実……実は2代目ステージアの2.5LV6ターボ「VQ25DET」は幻の「V35スカイラインGT-R」用エンジンだったってマジ!?
ベストカーWeb
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
余計な装備は一切なし! シンプルな二段フラットが使いやすい スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
オペル日本再上陸はほぼ白紙か!? キムタクドラマで超絶売れたヴィータはどうなる!? 実現が厳しいワケ
ベストカーWeb
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
年間表彰式『SUPER GT HEROES』開催。王者坪井「宮田選手には、日本のレベルの高さを世界で証明して欲しい」
AUTOSPORT web
「ホンダ」は中国でやる気満々!! 次世代EV「e:N」シリーズ市販モデルなど続々登場へ!【広州モーターショー2023】
「ホンダ」は中国でやる気満々!! 次世代EV「e:N」シリーズ市販モデルなど続々登場へ!【広州モーターショー2023】
ベストカーWeb
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
現在のレトロブームの先駆者!? 中古モデルが沸騰した日産「Be-1」は偉大なパイクカー第1弾として誕生!
ベストカーWeb
燃料電池車『トヨタ・ミライ』に改良モデルが登場。安全装備・先進機能が充実
燃料電池車『トヨタ・ミライ』に改良モデルが登場。安全装備・先進機能が充実
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村