サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表、ハンガリー予選Q3終盤ハミルトンの“スロー走行”問題視せず「駆け引きもゲームの一部」

ここから本文です

 F1第11戦ハンガリーGPの予選では、メルセデスのルイス・ハミルトンが速さを見せ、第4戦スペインGP以来のポールポジションを獲得した。

 タイトル争いのライバルであるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に0.4秒差をつけたハミルトンが予選では完勝した形だが、彼は予選終盤の動きが原因で批判も浴びることになった。

■F1ハンガリー予選:ハミルトン、0.3秒差のポールポジション獲得。角田裕毅はQ1敗退16番手

 予選Q3終盤、最後のアタックに向かうアウトラップで、ハミルトンはレッドブル勢ふたりの前のポジションを確保していた。批判の的となったのは、ハミルトンがそのアウトラップを非常にゆっくりと走ったことだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン