サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 森法務大臣、反論を寄稿「政府の陰謀説に説得力ない」---米紙社説での日本の刑事司法制度批判に対して

ここから本文です
森まさこ法務大臣は1月15日、日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告に関して『ウォールストリートジャーナル』紙が日本の刑事刑事司法制度を社説で批判したことについて、反論するコメントを同紙のウェブ版に寄稿したと発表した。

ゴーン被告が日本では有罪となる確率が99.3%で公正な裁判が行われていないと主張していることに関して、森大臣は「検察官は十分な証拠があり、重要な事件に限って起訴する。刑事裁判での当事者になること自体が被疑者の負担を増すからで、検察官が起訴する事件割合は37%。

おすすめのニュース

サイトトップへ