サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最後のFRモデルとなった日産を代表する大衆車とは? 「310型 サニー」を振り返る

ここから本文です

■原点回帰で支持層を大きく広げた4代目「310型サニー」を振り返る

 日産は1966年4月に、「ブルーバード」に代わるエントリーモデルである初代(ダットサン)「サニー」を発売しました。

一見オヤジセダンだけどエンジンがスゴいんです! 高性能1.6リッターセダン3選

 同年の11月には最大のライバルとなるトヨタ「カローラ」が発売されると販売合戦が繰り広げられ、両車は日本のモータリゼーションを一気に推し進めた存在となります。

 オイルショックによる省燃費車への関心が高まっていた1977年には、スタイリッシュなフォルムに注力した3代目からモデルチェンジされた4代目「310型 サニー」が登場。

おすすめのニュース

サイトトップへ