現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 季節を選ばない万能クロカン──ジープ ラングラーを雪上で楽しむ!

ここから本文です

季節を選ばない万能クロカン──ジープ ラングラーを雪上で楽しむ!

掲載 更新
季節を選ばない万能クロカン──ジープ ラングラーを雪上で楽しむ!

汚れが似合うクルマというのは珍しい。そんな貴重な(?)1台がジープの新型「ラングラー」だ。独立したフェンダーに平面的なボディパネル、さらに外ヒンジのドアやボンネットが特徴である。これらの機能的役割は汚れによってより強調され、カッコよく見えるから不思議だ。

2019年2月に北海道でおこなわれたジープの雪上試乗会には、ジープブランドの各モデルが用意されていた。そのうち、一般道で比較的長い距離を運転したのは、都会的なSUVである2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載する「チェロキー リミテッド」と、3.6リッターV型6気筒エンジン搭載の「ラングラー スポーツ」であったが、この2台は対照的なモデルだった。

デリカの魅力は悪路でわかる!──三菱自動車の最新4WDモデルを雪で試す!

私が乗ったのはラングラーの2ドアモデル「スポーツ」だった。全長4320mm、ホイールベース2460mmのコンパクトなボディだ。しかし、搭載するエンジンは3.6リッターV型6気筒と比較的大きい。ラングラーは個性的な点において際立っている。ひとつは設計だ。サスペンションは前後ともにリジッドで、オールテレインタイヤを装着する。くわえて、副変速機も備えているから、本格的なクロスカントリー4WDの要素を複数持つ。

ボディも個性的だ。独立したフェンダーや外ヒンジのドアやボンネットは、その気になれば取り外せる。たとえば、オフロード走行で激しく損傷した場合などはそれが役立つ。分割式ルーフが脱着式なのも、もしものとき、室内からの脱出を容易にするためだ。

インテリアはワイルドだ。多くのスイッチをはじめ、オーディオスピーカーなどあらゆる箇所に防水加工が施されている。だから、ルーフやドアを取り外したまま、雨や雪のなかを走っても問題ない。つまり、合目的的なデザインだ。

よく言われる話であるが、こういったクロスカントリー4WDは、オフロードを走っても灯火類は汚れにくいようデザインされているのがセオリーであるという。場合によっては命にかかわるからだ。実際、雪の降りしきる北海度で試乗したところ、リアコンビネーションランプは最後まで雪や汚れで見えなくならずに済んだ。私は感心しきりだった。

試乗車は、未舗装路面を念頭に置いたオールテレインタイヤを装着した標準仕様だった。スタッドレスタイヤと比較すると、グリップ力で多少心もとないというのが常であるが、それでも雪の積もった峠を問題なく走り抜けられた。

オールテレインタイヤで雪上を走るときは、ステアリングホイール操作やアクセル・ブレーキ操作に、ドライ路面より多めの安全マージンをとって慎重に運転していたが、それでも意外なほど走破性が高いので驚いた。

特設コースでスピードを出したときも滑りだしはゆるやかだ。トラクションコントロールの効きがはやく、アクセルペダルを多めに踏み込んでもリアの軌跡が乱れることはごく稀だった。定常円旋回でも、円の軌跡をたどりつつ後輪がグリップを失うような動きを誘っても、一瞬で収束してしまう。

特設コースでの挙動を思い出しながら、北海道・北湯沢温泉から新千歳空港をめざして走っていると、距離が伸びるにつれクルマへの信頼感とともに愛着の念も増したのであった。

ちなみにラングラーの4WDシステムは、「セレクトラックフルタイム4×4システム」を搭載する。2輪駆動ベースで、必要に応じ自動で4輪駆動に切り交わる。

副変速機も備えていて、走る道に応じ、手動で“ハイ”と“ロー”のギアを選べる。また、セレクトラックフルタイム4×4システムで「4Hオート」モードを選択すれば、電子制御のセンターディファレンシャルギアによって、2WDと4WDを車両が自動で切り替えていく。

積雪がごく少ない路上では、3604ccV型6気筒エンジンが発揮する最高出力284ps、最大トルク347Nmの恩恵をフルに味わえた。ごくわずかなアクセルペダルの踏み込みに対してもダッシュは力強い。最大トルクに達するのは4100rpmであるが、回転計の針が2500rpmを超えるような場面はほとんどなかった。

ダッシュボードにはさまざまなスイッチが並ぶ。レイアウトはいちどおぼえるとわかりやすいし、空調やオーディオのメインスイッチは、手袋のままでも扱いやすい。といっても、ステアリングホイールはヒーター機能付きだから、寒い時期でも手袋は不要かもしれないが。

また、カーナビゲーションのモニターをはじめ、あらゆるスイッチ類に”後付け感”がある。しかし、不思議とラングラーのイメージにマッチしており、逆にカッコいい。

ジムニーの人気を鑑みてもラングラーを、ファンが根強く支持し続けるのはわかる。車両のコンセプトは、日本で購入出来るクルマのなかでは希少だ。快適性や燃費(ばかり)を追求する昨今にあって、ラングラーの主張は特異だ。でも、その個性が、われわれを魅了するのである。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

サイズ感も機能もど真ん中! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
サイズ感も機能もど真ん中! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
トヨタ子会社が下請法違反 「金型保管の強要」はなぜタチが悪いのか? “取引慣行”はもはや許されない時代に
トヨタ子会社が下請法違反 「金型保管の強要」はなぜタチが悪いのか? “取引慣行”はもはや許されない時代に
Merkmal
生産期間わずか7年! シルビアには兄貴分がいた! モーター店が販売したガゼールのトンガリぶりがすごかった!
生産期間わずか7年! シルビアには兄貴分がいた! モーター店が販売したガゼールのトンガリぶりがすごかった!
ベストカーWeb
アルプスアルパイン、マレーシアの生産機能をニライ工場に集約 ジェンカ工場閉鎖  
アルプスアルパイン、マレーシアの生産機能をニライ工場に集約 ジェンカ工場閉鎖  
日刊自動車新聞
冷静にコンビニは入れるのかってくらい低すぎ!! 10億オーバーのレッドブルマシン[RB17]がぶっ飛びすぎ
冷静にコンビニは入れるのかってくらい低すぎ!! 10億オーバーのレッドブルマシン[RB17]がぶっ飛びすぎ
ベストカーWeb
三菱 博報堂と新会社「NOYAMA」設立 アウトドア好きに向けたサービス提供めざす
三菱 博報堂と新会社「NOYAMA」設立 アウトドア好きに向けたサービス提供めざす
グーネット
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」発売 燃料電池車初、外部充電できるプラグイン機能搭載
グーネット
12Vクーラー装備で車内をクールに!冷房搭載キャンパー「UTONE300」発表 アネックス
12Vクーラー装備で車内をクールに!冷房搭載キャンパー「UTONE300」発表 アネックス
グーネット
アリスト顔ミニバン!! イプサムってじつは超絶画期的だったてマジ!?
アリスト顔ミニバン!! イプサムってじつは超絶画期的だったてマジ!?
ベストカーWeb
ワンちゃんも暑さ対策!ダブルファン&保冷剤そなえた“敷くエアコン”でクールダウン
ワンちゃんも暑さ対策!ダブルファン&保冷剤そなえた“敷くエアコン”でクールダウン
グーネット
天候や気温の変化により転倒続出。HRCが総合トップ、ドゥカティはトラブル抱えるも好走/鈴鹿8耐テスト 2回目
天候や気温の変化により転倒続出。HRCが総合トップ、ドゥカティはトラブル抱えるも好走/鈴鹿8耐テスト 2回目
AUTOSPORT web
「GR86箱根エディション」がトヨタ公式で登場!! 北米に轟く「天下の険」は超上質オトナ仕様だ
「GR86箱根エディション」がトヨタ公式で登場!! 北米に轟く「天下の険」は超上質オトナ仕様だ
ベストカーWeb
月額8.6万円で「ディアブロSV」オーナーに!? 「なんちゃってセレブ」にぴったりなクルマを共同所有できる「RENDEZ-VOUS」を紹介するわよ
月額8.6万円で「ディアブロSV」オーナーに!? 「なんちゃってセレブ」にぴったりなクルマを共同所有できる「RENDEZ-VOUS」を紹介するわよ
Auto Messe Web
マツダ「CX-30」改良 グレード体系刷新&音声操作「アマゾン アレクサ」採用
マツダ「CX-30」改良 グレード体系刷新&音声操作「アマゾン アレクサ」採用
グーネット
レクサス 「LBX」国内初のMT車“MORIZO RR”新設定 スポーティ特化の高性能車
レクサス 「LBX」国内初のMT車“MORIZO RR”新設定 スポーティ特化の高性能車
グーネット
【24’ 7/16最新】レギュラーガソリン平均価格175.9円 値下がりは4週ぶり
【24’ 7/16最新】レギュラーガソリン平均価格175.9円 値下がりは4週ぶり
グーネット
実は「史上唯一」なV12ターボ+MT アストン マーティン・ヴァラーに試乗 至福の境地へ!
実は「史上唯一」なV12ターボ+MT アストン マーティン・ヴァラーに試乗 至福の境地へ!
AUTOCAR JAPAN
ピンク色の“恐竜ポルシェ”ロキシー復活。夏休みに入る兄レキシーに代わり、1年ぶりにIMSA出場へ
ピンク色の“恐竜ポルシェ”ロキシー復活。夏休みに入る兄レキシーに代わり、1年ぶりにIMSA出場へ
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81878.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81878.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村