現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ホンダ オデッセイ 改良新型】販売再開---復活の声に応え中国から輸入

ここから本文です

【ホンダ オデッセイ 改良新型】販売再開---復活の声に応え中国から輸入

掲載 8
【ホンダ オデッセイ 改良新型】販売再開---復活の声に応え中国から輸入

ホンダはミニバン『オデッセイ』の販売を12月8日から再開すると発表した。オデッセイは2021年12月の狭山工場の閉鎖に伴い日本での生産、販売が終了したが、中国で継続生産、販売している現行モデルの一部改良を機に、日本市場に輸入し再投入するもの。

オデッセイの商品企画担当を務めるホンダ日本統括部商品ブランド部商品企画課の永坂徹チーフは「国内ミニバン市場は小型、中型、中大型に大きく分けられるが、現状、ホンダのラインアップとしては小型に『フリード』、中型に『ステップワゴン』を用意しているが、中大型はこれまで『オデッセイ』があったものの、狭山工場閉鎖に伴い販売を停止していた。しかし我々としてもやはり長い歴史と唯一無二の価値を持つオデッセイを継続したかった。そうした中でグローバルリソースを活用して投入できるめどがたったので今回、中大型の車格を求めるお客様のニーズに応えるために再投入する」と販売再開の背景を明かす。

【ホンダ オデッセイ 改良新型】スタイリングに磨きをかけて復活…エクステリア[詳細画像]

さらに永坂氏によると「オデッセイユーザーの方は固定客が多くて、(買い替え車として)フリードやステップワゴンをお勧めしても、やはりオデッセイじゃないとだめだという声を現場から聞いている。走りやスタイリングにこだわりがあるお客様、箱形の“ザ・ミニバン”というよりも、格好良い流麗さ、普通のミニバンとは違うミニバンに乗っているという、違いを求めるお客様が多い」とも。

まさに満を持しての再登場となるオデッセイの改良点について永坂氏は「オデッセイが持つ独自価値である快適な室内空間と流麗なスタイリングの高次元でのバランスをしっかりとベースとして持ちながら、お客様のご要望である個性、上質志向に合致するように進化。具体的には、個性的になったスタイリング、上質になった室内空間、ホンダセンシング、ホンダコネクトといった時代進化の3つになる」と話す。

このうちスタイリングでは「今回グリルのデザインを変更している。ポイントは高級感の向上と迫力のアップ。高級感の向上では、グリル上部のメッキ面積を減らして開口部の面積を先代に対して大きくしている。さらにメッキバーにアクセントを持たせることで立体的に表現して高級感を創出している。また迫力のアップではHマークを先代よりも前方に配置することでノーズの突き出し感を強めている。こうすることで横から見た時の迫力感を先代に対しさらに向上している」と解説。ちなみにこのグリルは「日本専用で変えたところ。中国で売られている仕様は従来と全く同じ」とのことだ。

一方、室内空間について永坂氏は「今回の一番大きな変化点が2列目シート」とした上で、「オデッセイで初めて電動パワーシートを採用し、オットマンとリクライニングのきめ細やかな角度調整が可能になった。さらにユーティリティ性も向上しており小物を置く際に便利なセンターターブルは折り畳み式でドリンクホルダーも備えている。そして足元にはUSBチャージャーも装備しスマホの充電にも対応している。今回新たにシートヒーターも採用し、後席のご家族も快適に過ごせるようにしている」という。

販売を再開するオデッセイは中国・広汽本田汽車有限公司で生産され、日本市場に投入される。価格は480万400円から516万4500円で、全車ハイブリッドモデルのみとなっている。

また今回新たに最上級グレードとして『アブソリュートEXブラックエディション』が設定された。永坂氏は「ブラックエディションのエクステリアの特徴は灯体周りまで黒くし、特にリアコンビランプはスモークレンズを採用することで遠くから見ても黒の世界観がはっきりとわかる形で表現。またホイールにマットベルリナブラックを採用し足回りのスポーティさを強調した。インテリアも同様に黒の世界観ということで、ピラーやルーフライニング、木目調のパネル、ステアリングにもブラック加飾を適用することで全体をクールに引き締めた雰囲気を醸し出している」と話していた。

こんな記事も読まれています

[15秒でわかる]レズバニ新型『ビースト』…1000馬力の野獣
[15秒でわかる]レズバニ新型『ビースト』…1000馬力の野獣
レスポンス
サウジアラビア、新サーキットを発表。ターン1はビル20階の高さを通過、革新的なコースに
サウジアラビア、新サーキットを発表。ターン1はビル20階の高さを通過、革新的なコースに
motorsport.com 日本版
衝撃の豪華絢爛っぷり! 国会議事堂でも使われる生地「金華山」で彩ったデコトラの内装3選
衝撃の豪華絢爛っぷり! 国会議事堂でも使われる生地「金華山」で彩ったデコトラの内装3選
WEB CARTOP
アストンマーティンが新型「Vantage GT4」を発表、GTレースに向けた最強ラインアップが完成
アストンマーティンが新型「Vantage GT4」を発表、GTレースに向けた最強ラインアップが完成
@DIME
能ある鷹は爪を隠す──新型レンジローバースポーツSV試乗記
能ある鷹は爪を隠す──新型レンジローバースポーツSV試乗記
GQ JAPAN
「もうすぐ30歳!」GTOパトカーの整備風景 愛知県警が公開 いつまで現役?
「もうすぐ30歳!」GTOパトカーの整備風景 愛知県警が公開 いつまで現役?
乗りものニュース
シビックに「RS」が帰ってくる! 見た目は地味だけど「アラ古希」のハートをときめかせた初代シビックRSとは
シビックに「RS」が帰ってくる! 見た目は地味だけど「アラ古希」のハートをときめかせた初代シビックRSとは
WEB CARTOP
なぜ「ゴールド免許」に影響なし!? ブルー免許に降格されない「交通違反」があった! 気になる“理由と種類”とは
なぜ「ゴールド免許」に影響なし!? ブルー免許に降格されない「交通違反」があった! 気になる“理由と種類”とは
くるまのニュース
TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
TGM Grand Prix、55号車のドライバーは松下信治! 開幕直前の土壇場で決定……Jujuのチームメイトに
motorsport.com 日本版
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
量産市販バイクとしては世界初!! DOHCエンジン搭載のホンダ「ドリームCB450」とは?
バイクのニュース
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
メルセデスAMG、史上最強の新型4ドアEVを極秘に開発中!? 『GT』との関係性は
レスポンス
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
ダンロップ、東京モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
AUTOSPORT web
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
”相棒”グロージャンが小松礼雄を語る「彼はチーム代表に適任。そして日本人っぽくないんだ。まるで英国人……お茶も飲むしね!」
motorsport.com 日本版
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
マイカー選びでこだわりたいポイント、Z世代は「乗り心地」、X世代は?
@DIME
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
SUVなのに「ジェット機のような加速力」とは!? トヨタ「クラウン・スポーツ」PHEVの公道での印象は? 真っ赤なインテリアが斬新です
VAGUE
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
日産の「和製スーパーマシン」!? まさかの“1シーター”×巨大ウイング採用! 突如出現したゴールド輝く「謎のアリア」とは
くるまのニュース
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
愛車のパワーアップは「マフラー」と「エアクリ」から。今さら人には聞けない馬力アップの基本をお教えします!
Auto Messe Web
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
ワンランク上の春ドライブを楽しむならこのモデル!先進機能やアイデアが光る最新輸入車5選
グーネット

みんなのコメント

8件
  • kab********
    売れなかったモデルをまた出しても売れんでしょ。
    中国産らしいけど、変な物まで一緒に持ってこんでよ。
  • sti********
    日本に住む中国人用に再販しました。
    って感じだね。日本人はあえて買わないでしょ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村