サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスAMG、E 53とE 63をマイナーチェンジして本国発売。全車にパナメリカーナグリルを採用

ここから本文です

メルセデスAMG、E 53とE 63をマイナーチェンジして本国発売。全車にパナメリカーナグリルを採用

Mercedes-AMG E 53 4MATIC+ Coupe / E 53 4MATIC+ Cabriolet / E 63 S 4MATIC+ Saloon / E 63 S 4MATIC+ Estate

メルセデスAMG E 53 4マティックプラス クーペ/E 53 4マティックプラス カブリオレ/E 63 S 4マティックプラス サルーン/E 63 S 4マティックプラス エステート

アウディのEV版SUVクーペ「Q4 スポーツバック e-tron コンセプト」デビュー

空力面のパフォーマンスがさらに向上

メルセデスAMGは2020年7月7日に、改良新型の「E 53」のクーペ及びカブリオレ、「E 63」のセダン及びエステートを本国で発売した。車両価格は8万2284.6ユーロ(E 53クーペ。邦貨約998万円)から12万4978.4ユーロ(E 63エステート。約1516万円)。

今回ドイツで発売したのは「E 53 4マティックプラス クーペ」、「E 53 4マティックプラス カブリオレ」、「E 63 S 4マティックプラス サルーン」、「E 63 S 4マティックプラス エステート」の4車種。先んじて実施したEクラスのマイナーチェンジを受けた改良で、インフォテインメントシステムを含むデジタル面のアップデートやエアロダイナミクスの改善などを行っている。

パナメリカーナグリルが標準マスクに

フロントマスクには、縦フィンを備えた“パナメリカーナグリル”を全車に採用。ホイールアーチ部の全幅を22mm拡大して逞しいスタンスを強調するとともに、フロントのタイヤ幅の選択肢を広げた。フロントスプリッターはボディ同色の他にシルバーやカーボン仕様、光沢ブラック仕上げなどを選ぶことができる。

セダンとクーペのテールランプは天地方向に狭いシャープな意匠へ変更。エステートもユニット内のライトグラフィックを最新式に改めている。

リヤエプロンやディフューザーも空力性能向上のために形状を刷新。4本出しのテールパイプは通常クロームめっき仕上げだが、「E 63 S」ではチタニウムマット仕様も選択可能となった。

AMG GTファミリーと共通の外板色を導入

19インチホイールにも新デザインを導入。「E 63 S」に標準装備する20インチホイールも、エアロダイナミクス面を考慮してデザイン変更を行っている。

ボディカラーには新色の「グラファイト グレイ メタリック」、「ハイテクシルバー メタリック」に加え、AMG GTファミリーでお馴染みの「ブリリアント ブルー マグノ」もラインナップした。

最新メルセデスのコクピット空間へ進化

コクピットは、横長のタブレット状筐体を配したお馴染みの風景に。標準には10.25インチ、「E 63 S」には12.25インチのスクリーンを搭載している。もちろん「ハイ、メルセデス」で知られるAIによる自然対話型音声認識システムに対応したMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)も導入した。

ステアリングホイールもデザインを改め、脇に配したアルミニウム製パドルシフトは、より正確な操作を可能とするべくわずかにサイズを拡大、ポジションもやや低く設置している。

E 63 Sの0-100km/h加速は3.4秒

トップレンジとなる「E 63 S 4マティックプラス サルーン」には、4.0リッターのV型8気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力612hp/5750-6500rpm、最大トルク850Nm/2500-4500rpmを発生する。0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は300km/hでリミッター制御という圧倒的なパフォーマンスを誇っている。

Eセグメントきっての猛者が最新版に生まれ変わり、エグゼクティブ界にアドレナリンを注入する。日本への導入時期は現段階では発表されていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します