サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 時の流れに身をまかせ──新型キャデラックXT4試乗記

ここから本文です

キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」に渡辺敏史が試乗した。その印象とは?

ライバル多し

脳ではなくて心に訴える超高性能SUV──新型アルファロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ試乗記

XT4は群雄割拠のSUV市場においても最も競争の激しいC~Dセグメント系のカテゴリーに投入されたモデルだ。同時に、日本においてはキャデラックのブランドエントリーを担うことにもなる。

ボディは全長4605✕全幅1875✕全高1625mm。この車格感から測れば、近似値を持つのはメルセデスの「GLCクラス」、BMWの「X3」、アウディの「Q3」、レクサスの「NX」、ボルボの「XC60」辺りになるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ