サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元F1ドライバーのマーク・ブランデル、イギリス・ツーリングカーでのタフな1年を終え引退を正式表明

ここから本文です

元F1ドライバーのマーク・ブランデル、イギリス・ツーリングカーでのタフな1年を終え引退を正式表明

元F1ドライバーのマーク・ブランデル、イギリス・ツーリングカーでのタフな1年を終え引退を正式表明

 2019年シーズンのBTCCイギリス・ツーリングカー選手権参戦を電撃表明し、AmDチューニング.comが運営するトレード・プライス・カーズ・レーシングのアウディS3セダンBTCCをドライブした元F1ドライバーのマーク・ブランデルが、わずか1シーズンのツーリングカー経験を最後に、本格的なレーシングドライバーとしてのキャリアに終止符を打つと決断した。

 52歳にして自身初のツーリングカー選手権デビューを決めたブランデルは、2019年からシリーズ参入を果たしたトレード・プライス・カーズ・レーシングに合流し、ジェイク・ヒルとともにアウディを走らせてきた。

CTCC最終戦:BTCC王者コリン・ターキントン参戦も、ペナルティと転倒の大波乱

 しかし、若手のヒルがBTCC初優勝をマークしたのとは対照的に、年間わずか2ポイントの獲得に留まったブランデルは、2019年のクリスマス期間を前に「2020年はアウディS3セダンBTCCをドライブすることはないだろう」と語り、30年にも及んだレーシングキャリアからの引退を正式表明した。

 3度の表彰台を獲得したF1時代にはマクラーレンや、ティレル、リジェ、ブラバムなどに所属。その後、ブランデルは北米に渡りチャンプカーやCARTシリーズで3勝を挙げるなど、フォーミュラカーで成功を収めてきた。

 さらに、シングルシーターのみならず耐久レースでも活躍を演じ、1992年にはプジョー905 Evo1Bでル・マン24時間レース総合優勝を果たすと、2003年にはベントレー・スピード8で2位に入り、ベントレーのワン・ツー・フィニッシュにも貢献している。

 そうした輝かしい戦績を残してヘルメットを脱ぐ決断を下したブランデルだが、今後は彼自身が運営するマネジメント組織、MBパートナーズのビジネスに集中するつもりだという。

「いよいよ、私自身ドライバーとしての能力が一定のレベルにないことを明らかにし、レースキャリアからサインオフする時が来たようだ」と話した、現在53歳のブランデル。
「この30年間、私はステアリングを握って全力を尽くし、数多くの素晴らしい人々に出会い、忘れられない瞬間を楽しんできた。2019年のBTCCでの冒険もまさにそれだった。私は挑戦が大好きで、だからこそツーリングカー初参戦を決めたんだ。この歳でBTCCを戦った“おじいちゃん”なんて、そうはいないだろう?」

「私が運営するMBパートナーズに所属するすべてのドライバーにとって、2020年は非常に重要な1年になる。我々のエージェンシーにとって次の段階へと進む成長のシーズンであり、2020年もなんらかの形でBTCCのパドックに赴くことになるだろう」

「この長いキャリアゆえに、感謝を伝えたい人々が多すぎて困ってしまうが、私の家族や友人全員、そして苦労したときに助けてくれたすべてのファンの支援に大いに感謝している」

 ブランデルの決断に伴ってストーブリーグにも動きが出ており、その“最後の僚友”となった25歳のヒルは、AmDチューニング.com内のスライド移籍でメインチームに昇格し、FK2型ホンダ・シビック・タイプRにマシンスイッチ。2020年はインディペンデント・トロフィー獲得に照準を合わせる。

 そのパッケージで2019年のインディペンデント王者に輝いたロリー・ブッチャーはチーム離脱がささやかれており、シーズン中盤に生まれたばかりの愛息を亡くしたサム・トルドフは、2020年の復帰も断念。

 トルドフの代役を務めたマイク・ブッシェルは、正式発表前ながらチーム・ハードへの復帰移籍が確実視されており、そのハードに2シーズン所属した23歳のボビー・トンプソンが、空いたアウディのシートを獲得する形でトレード・プライス・カーズ・レーシングに加入することがアナウンスされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します