サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、シーズン終了後のアブダビテストでフェラーリ育成のロバート・シュワルツマンを起用へ

ここから本文です
 ウラルカリ・ハースF1チームは、2021年シーズンの最終戦アブダビGP後に行われる若手ドライバーテストにおいて、フェラーリの育成ドライバーであるロバート・シュワルツマンを起用すると発表した。

 シュワルツマンはロシア出身で、現在22歳。2014年にカートからシングルシーターのレースへステップアップを果たすと、2015年にイタリアF4でランキング3位、2017年にフォーミュラ・ルノー・ユーロカップで3位、2018年にはF3ヨーロピアン選手権で3位という成績を残している。また2017年には、フェラーリドライバーアカデミー(FDA)に加入した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン