サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第24回:稀代のポルシェたち】

ここから本文です

至高の頂きに君臨する3台のポルシェを振り返る

池沢早人師の名前を聞いて「知らない」と答えるスーパーカーファンは存在しない。1970年代には『サーキットの狼』、80年代には『サーキットの狼II モデナの剣』を描いた漫画家であり、日本におけるスーパーカーブームの生みの親ともいえる人物で、現在まで80台に迫るクルマを乗り継いできたカーフリークでもある。

池沢早人師が愛したクルマたち『サーキットの狼II』とその後【第24回:稀代のポルシェたち】

自他ともに認めるスーパーカーの第一人者である池沢先生は、所有したクルマ以外にも各メディアで数え切れないほど取材・試乗を繰り返してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ