サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2シュピールベルク予選:周冠宇がPP獲得。角田裕毅12番手、松下信治、佐藤万璃音は後方に沈む

ここから本文です
 2020年FIA F2の開幕ラウンドであるシュピールベルク戦の予選がオーストリアのレッドブルリンクで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)で、タイムは1分14秒416だった。日本勢は角田裕毅(カーリン)の12番手が最上位となった。

 新型コロナウイルスの流行によって遅れていた2020年のF1がレッドブルリンクで開幕したが、時を同じくしてFIA F2も同地で開幕。今季は角田、松下信治(MPモータースポーツ)、佐藤万璃音(トライデント)と3人の日本人ドライバーが参戦しており、注目のシーズンとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ