サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レクサスLC500がラストラン。『TGRF2019』で集まったファンに挨拶

ここから本文です

レクサスLC500がラストラン。『TGRF2019』で集まったファンに挨拶

レクサスLC500がラストラン。『TGRF2019』で集まったファンに挨拶

 毎年恒例となったトヨタのファンイベント『TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019 (TGRF2019)』が12月15日(日)に富士スピードウェイで開催され、昨年よりも2500人多い4万5500人が詰めかけ、大盛況となった。

 例年よりも少し遅い12月中旬の開催ということもあり、早朝は寒さが厳しかった富士スピードウェイだが、今年国内外のカテゴリーで活躍したこともあり、多くのファンが会場に詰めかけた。

■チームルマンの脇阪寿一監督「“よくやった!”と初めてみんなを褒めてやりたい」

 まずウェルカムセレモニーでは、国内外のレースでシリーズチャンピオンを獲得したマシンがホームストレートに集結した。そんな中で来年発売を予定している『GRヤリス』がサプライズで登場した。GRスープラに次ぐGRシリーズのグローバルモデル第2弾であるこのマシンのプロトタイプモデルが、2020年1月の東京オートサロンでの公開に先駆けて、世界初お披露目された。

 今季WRCにも参戦した勝田貴元がドライブし、ホームストレートに登場したGRヤリス。豪快なドーナツターンを披露するなど迫力ある“デビュー”を飾った。

 また今年のTGRFではメーカーの垣根を超えて、様々な車両がコース上を駆け抜けた。その中でも注目を集めたのが『マツダ787B』と『トヨタ TS010』による夢の競演だ。2台とも様々なイベントでデモ走行をする機会はあるのだが、この2台が富士スピードウェイでランデブー走行するのは初めて。特にマツダ787Bが搭載するロータリーエンジンの独特な美しいサウンドには、観客からも感嘆の声があがった。

 コース上以外でも様々な催し物が行なわれた。トークショーやサイン会の他に、ラリー車両やドリフト車両の同乗体験、さらには子ども向けの“お仕事体験”も実施され、それぞれが思い思いの時間を過ごした。

 そして、この日の最後を飾ったのがスーパーGTの車両によるデモレース。特にGT500クラスで今季チャンピオンを獲得したLC500はこれがラストランとなった。また来年からGRスープラが導入されることが決まっており、2006年から14シーズンに渡って“レクサスブランド”でGT500に参戦してきたが、それも今回で一旦区切りとなる。

 それだけに、今回はLC500に注目するファンが非常に多く、イベント中に設けられたピットウォークでもピットガレージで展示されているLC500にファンが殺到。その姿をなんとかしてカメラに収めようと大挙した。特にチャンピオンに輝いた#6 WAKO'S 4CR LC500、そしてそのドライバーを務めた大嶋の前には大きな人だかりができていた。

 デモレースでは当初走行を予定していた#19 WedsSport ADVAN LC500がトラブルにより参加できず、6号車に加えて#37 KeePer TOM'S LC500、#39 DENSO KOBELCO SARD LC500の3台とGT300車両5台により抜きつ抜かれつの走りを披露した。最後にはGRスープラもコースに合流し、夕暮れの富士スピードウェイをランデブー走行し、イベントはフィナーレとなった。

 最後はホームストレート上に各車が停車。最後までグランドスタンドでその勇姿を見守っていたファンに対し、ドライバーらは手を振って挨拶をしていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します