サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】問題山積みヒュンダイ、開幕戦でトラブル続発「スタッフに倍の努力をしてもらわないと……」

ここから本文です
 ハイブリッド化を含む新たなラリー1規定が導入され、新時代を迎えたWRC(世界ラリー選手権)。開幕戦ラリー・モンテカルロでは各マニュファクチャラーが新型車両を投入したが、ヒュンダイは数多くの信頼性トラブルに見舞われ、ライバルのトヨタやM-スポーツ・フォードの後塵を拝した。

 3台の『ヒュンダイi20 N ラリー1』のうち、フィニッシュにたどり着いたのはティエリー・ヌービルの1台のみ。そのヌービルも、右フロントのサスペンションダンパーがボンネットを突き破るトラブルなどで大きくタイムロスし、優勝したセバスチャン・ローブから7分以上遅れての6位が精一杯だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン