サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ハイキャス」に「4WS」… 一度は廃れた四輪操舵 なぜ急増?? 乗り心地にも意外な効果あり!?

ここから本文です

 今、4WS(四輪操舵)機構を搭載したクルマが増えつつある。

 筆者が実際に最近試乗したモデルでいうとルノー メガーヌR.S.、ベントレー フライングスパー、メルセデス Sクラス。4WSとは4(フォー)ホイール・ステアリングの略語で、フロントだけでなくリアタイヤも操舵するという意味だ。

“限定”はレジェンドも切実な理由が……!? 「台数限定車」の裏事情

 かつてはこの4WS技術、国産車に次々と採用されていた時代があった。1980年台、代表的なものが日産 スカイラインに搭載されたHICAS(ハイキャス)、ホンダ プレリュードの4WS。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン