サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ A8 が「A3顔」に?初の大幅改良へ、PHEVに新開発バッテリー搭載か

ここから本文です

アウディが開発を進めるフラッグシップセダン『A8』改良新型、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。現行型である「D5系」は2018年にデビュー、これが初の大幅改良となる。

ドイツ・インゴルシュタットにある本社付近で捉えたプロトタイプは、アップデートされたグリルとバンパーを装着。ターンシグナルを兼ねるLEDデイタイムランニングライトが上部に移動され、『A3』のようなワイド感を強調したフロントエンドにグラフィックを刷新する。

リアエンドは全く変わっていないようだが、登場までにはまだ時間があることから開発中と見られる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン