現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 月販平均400台以下でも個性が光るクルマたち【2017年冬版】6選

ここから本文です

月販平均400台以下でも個性が光るクルマたち【2017年冬版】6選

掲載 更新
月販平均400台以下でも個性が光るクルマたち【2017年冬版】6選

 今年売れてるクルマをザッと見てみると、(2017年1~10月の平均月販台数は)ホンダN-BOXが1万7902.8台、ダイハツタントが1万2335.6台、日産ノートが1万2376.0台、アクアが1万68.4台と、1カ月で平均1万台以上売るクルマがぽこぽこあったりします。すばらしい。
 しかしそのいっぽうで、月販平均400台に満たないクルマもたくさんあります。超高級車だったりスーパースポーツだったり、あるいは超先進技術車だったらその数字にも納得ですが、なかにはかなり本気で「売れる」と思って発売した車種もたくさんあります。
 売れない事情や理由はあれど、そうしたクルマにも魅力的なモデルはたくさんある。そうした信念に基づき、販売台数の少ないクルマにエールを送るつもりで本記事をお届けいたします。みんないいクルマです。できれば購入候補の末席に加えてみてはいかがでしょうか。
文:ベストカーWeb編集部

■ホンダ ジェイド 2017年1~10月平均月販台数 177.9台

【待ってた!】けものフレンズ×ホンダアクセス コラボ車、東京オートサロンに登場!!

 2012年に中国市場へ投入され、2015年2月から日本市場で発売開始。ハイブリッド専用ミニバン(3列シートの6人乗り車)としてデビューしたが、やや価格が高いこともあっていきなり苦戦。同年5月には早くもテコ入れとして「RS」グレードを投入(こういう「ちょっとズレた対応」、ホンダだなぁ……という感じがしますが)。やはりというかなんというか、特に販売は回復せず現在も販売は低迷。

 乗ってみると走行性能は高いし燃費がいいし、それなりにスタイリッシュであるものの、中途半端ではあるよなあと思ってしまう。ホンダのこのクラスはストリーム、アヴァンシア、エディックスと苦戦→絶版続きで「鬼門」といっていいカテゴリーではあるものの、めげずに新モデルを投入し続けるホンダのことを思うと「がんばって!」と声をかけたくなる。

■スズキ バレーノ 2017年1~10月平均月販台数 371.1台

 スイフトやソリオが好調なのでつい「最近スズキの登録車って調子いいよね」と思いがちだが、この手の企画の本命と言っても過言ではないバレーノこそスズキの登録車の真骨頂だと本企画担当は思っています。なにしろインド製。マネサール工場で生産される世界戦略車だ。「スイフトよりちょっと広くてちょっとスタイリッシュ(全高が低い)なモデルがほしい」という要求に応えるかたちで導入された。

 実際そのとおりの性能を持っているし、走行性能やクオリティも他の国産車と同程度のレベルに達しているものの、なにしろマイナー車種であるうえにインド製という強烈なメッセージ製もあって販売は苦戦中。

 独特すぎるスタイリングとインド製世界戦略車というオリジナリティ溢れるラインアップをぜひ維持してほしいので、(販売中止にならないために)もうちょっと売れてほしい。

■トヨタ クラウンマジェスタ 2017年1~10月平均月販台数 201台

「トヨタブランド」の最高峰ブランドという位置づけであるものの、レクサスにはLSやGSといったマジェスタと同グラス以上のサルーンがあるし、ショーファーカー(お抱え運転手が運転する車)とはいえトヨタにはセンチュリーもあって、やや立ち位置が曖昧になっているマジェスタ。

 現行型(6代目)から専用ボディではなくクラウンのホイールベースを延長したボディを使用し、V8エンジンも廃止となってしまった(現在はハイブリッド専用車)。そんなマジェスタも2018年初夏のクラウンフルモデルチェンジの機会に、現行かぎりでモデル消滅の可能性が濃厚。もうすぐ買えなくなるだけに、ぜひこのタイミングで試乗を!

■レクサス CT200h 2017年1~10月平均月販台数 310台

 レクサスブランドの中では最小ボディであり、値段もそれなりにこなれているCT200h。2011年1月に登場以来、丸7年となる。コツコツ進化しており、直近は2017年8月で、スピンドルグリルが大きくなったこともあり顔が派手になっている。

 搭載ユニットは2ZR-FXEという、ノア/ヴォクシー/エスクァイアやC-HRのハイブリッド仕様に搭載されている1.8Lエンジン+モーターのエースユニット。走行性能も上質で積載性も高いが、モデルが古くて認知度が低いためあまり売れていない。個人的に好きなクルマなのでもうちょっと売れてほしい。

■日産 ティアナ 2017年1~10月平均月販台数 306.9台

 初代登場は2003年、2008年に2代目、2013年に現行型である3代目が登場したティアナ。最近はタクシーくらいでしか見なくなってちょっと切ない大型FFセダン。北米市場では「アルティマ」という車名で売れまくっているが、日本では苦戦中。

 ライバルだったトヨタのカムリが今年華々しくモデルチェンジしてヒットしていることを考えれば、ティアナもそろそろフルチェンジして販売を回復してほしいのだが……。

 そもそも日産のセダンはシーマ、フーガ、スカライン、ブルーバードシルフィと軒並み苦戦中。日本市場でセダンを売る気が、それほどないのではないか。とはいえ無駄に正直に申し上げますと、本企画のため取材中に「そういえばまだ売ってたんだっけ」と思ってしまいました。すみません。

■日産 NV350キャラバン 2017年1~10月平均月販台数 137.9台

 トヨタのハイエースと並んで日本のバン界を支える双璧のひとつ。現行型の登場は2012年の6月で、登場以来5年半を経過するのでそろそろ次期型を期待したものの、なにしろ現行型がキャラバンとしては11年ぶりのフルチェンジなので、次期型登場はまだ先になりそう。

 とはいえ2017年7月のマイチェンで「アラウンドビューモニター」や「エマージェンシーブレーキ」など、安全・快適装備を充実させている。こういうクルマをキチッと進化させるところはえらいなと思います。はい。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ダイハツ BEVコンセプトカー「ミーモ」 インドネシアのモーターショーに出展
ダイハツ BEVコンセプトカー「ミーモ」 インドネシアのモーターショーに出展
グーネット
「レンジローバースポーツSV」限定コレクション発表 古代神話と宇宙モチーフの特別仕様車
「レンジローバースポーツSV」限定コレクション発表 古代神話と宇宙モチーフの特別仕様車
グーネット
ポルシェ 新型電動SUV「マカン」予約受注スタート!ラインアップに2モデル追加
ポルシェ 新型電動SUV「マカン」予約受注スタート!ラインアップに2モデル追加
グーネット
自転車の違反者が青切符!? 気になるこれからの取り締まり事情!
自転車の違反者が青切符!? 気になるこれからの取り締まり事情!
ベストカーWeb
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツの「気配り設計」に感動! 世界一歴史のあるメーカーは、世界一ひとにやさしいクルマを作っていました
メルセデス・ベンツの「気配り設計」に感動! 世界一歴史のあるメーカーは、世界一ひとにやさしいクルマを作っていました
Auto Messe Web
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
AUTOSPORT web
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
BMW「イセッタ」に英国製3輪モデルがあった!? 燕三条の職人気質に通じる「モノづくり」を感じて2年前に入手しました
BMW「イセッタ」に英国製3輪モデルがあった!? 燕三条の職人気質に通じる「モノづくり」を感じて2年前に入手しました
Auto Messe Web
日産 新「NISMO」モデル、7月18日16時発表!シルエットの正体は…?
日産 新「NISMO」モデル、7月18日16時発表!シルエットの正体は…?
グーネット
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
グーネット
ランドローバー、史上最もダイナミックな『ディフェンダー・オクタ』を公開。V8ツインターボの最高出力は635PSに
ランドローバー、史上最もダイナミックな『ディフェンダー・オクタ』を公開。V8ツインターボの最高出力は635PSに
AUTOSPORT web
700馬力超え! 新型「V8スポーツ“セダン”」公開! “FRモード”ありでめちゃ楽しそう! ド迫力な専用エアロも超カッコイイ「M5」独で発表
700馬力超え! 新型「V8スポーツ“セダン”」公開! “FRモード”ありでめちゃ楽しそう! ド迫力な専用エアロも超カッコイイ「M5」独で発表
くるまのニュース
新型V10ハイパーカー クリスチャン・ホーナー「F1が捨てた良い要素すべて」 レッドブルRB17
新型V10ハイパーカー クリスチャン・ホーナー「F1が捨てた良い要素すべて」 レッドブルRB17
AUTOCAR JAPAN
レッドブルF1をドライブしたローソン、イモラでRBのテストにも参加へ。2022年型マシンを予定
レッドブルF1をドライブしたローソン、イモラでRBのテストにも参加へ。2022年型マシンを予定
AUTOSPORT web
昭和テイストを再現したケータハム「スーパーセブン」発売! 大人気の軽自動車登録できる「600」は867万円から…クラシックを今風に楽しもう
昭和テイストを再現したケータハム「スーパーセブン」発売! 大人気の軽自動車登録できる「600」は867万円から…クラシックを今風に楽しもう
Auto Messe Web
またもFL5型ホンダ・シビックRが席巻。南米王者モンテネグロが初優勝/TCRヨーロッパ第4戦
またもFL5型ホンダ・シビックRが席巻。南米王者モンテネグロが初優勝/TCRヨーロッパ第4戦
AUTOSPORT web
軽量化と高出力が融合した「究極のWRX」、スバル『プロジェクト・ミッドナイト』[詳細画像]
軽量化と高出力が融合した「究極のWRX」、スバル『プロジェクト・ミッドナイト』[詳細画像]
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索
ティアナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村