サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 整備不良の最多は「表面の損傷」…ダンロップ全国タイヤ安全点検

ここから本文です
住友ゴム工業は、10月8日から24日に実施した「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」の結果を発表した。整備不良は26.9%。パンクの原因となる「表面の損傷」が最も多く、中でもタイヤの溝のひび割れが目立った。

住友ゴムでは、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、空気圧、表面の損傷などの点検を行う「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を2008年から継続して行っている。25回目となる今回は、プロの点検に加え、Ridge-i協力のもと開発した同社初となるAIタイヤ点検ツールを導入し、全国のタイヤセレクト各店舗で実施。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン