サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱RVRが安全装備の拡充をメインとした商品改良を実施

ここから本文です

三菱RVRが安全装備の拡充をメインとした商品改良を実施

三菱自動車のコンパクトSUVのRVRがマイナーチェンジ。安全装備および機能装備の充実化や新ボディカラーの採用などを敢行

 三菱自動車は2021年7月15日、コンパクトSUVのRVRの一部改良を実施し、同日より発売した。

「世界で進行するクルマの電動化」三菱は2030年までに電動車比率50%達成

車種展開は以下の通り。
M・2WD:214万3900円
M・4WD:238万4800円
G・2WD:236万9400円
G・4WD:261万300円
BLACK Edition・2WD:250万3600円
BLACK Edition・4WD:274万4500円

 今回の改良は、安全装備および機能装備の拡充や新ボディカラーの採用などを実施して、コンパクトSUVとしての魅力度をいっそう高めたことが特徴である。

 まず安全装備では、これまでGおよびBLACK Editionにメーカーオプションで用意していた後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付)[BSW/LCA]と、後退時車両検知警報システム[RCTA]を標準装備化したことがトピック。リアの電波式レーダーが死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知してドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知し、その状態で車両のいる方向にウインカーを出すと警報ブザーとドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促すBSW(Blind Spot Warning)/LCA(Lane Change Assist)、リアバンパー内に配した電波式レーダーによってドライバーの死角になりやすい斜め後方や後方に近づいてくる車両を検知し、駐車場などから後退して出庫する際に接近してくる車両を検知するとドアミラーインジケーターの点滅とブザー音、インフォメーション画面表示で注意を促すRCTA(Rear Cross Traffic Alert)を標準で組み込むことで、安全性能をいっそう向上させた。

 機能面については、BLACK Editionに装着するコンビネーションシートの座面および背もたれ面のスウェード調素材に、撥水機能を新たに採用。シートを濡れにくく、かつ汚れにくいようにアレンジする。また、フロアコンソールボックス後席側に充電用USBポート(Type-A/C)を追加し、後席乗員がスマートフォン等の電子機器を充電しやすくするように設定した。

 ボディカラーについては、三菱自動車独自の高輝度塗装であるホワイトダイヤモンドを新たに採用。パールの白い輝きと金属のような陰影を併せ持つカラーリングが、“Impact and Impulse”を造形コンセプトに据えるRVRのルックスをいっそう引き立てている。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、1798cc直列4気筒OHC16V・MIVECエンジン(139ps/17.5kg・m)+INVECS-III6速スポーツモードCVTを搭載。駆動機構には2WD(FF)と電子制御4WDを設定している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します