サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス最強のPHEVクーペ爆誕!? AMG GT「Eパフォーマンス」は最大トルク1400Nmの衝撃

ここから本文です

メルセデス最強のPHEVクーペ爆誕!? AMG GT「Eパフォーマンス」は最大トルク1400Nmの衝撃

メルセデスベンツの高性能車を手掛けるメルセデスAMGは、現在『GTクーペ』次期型を開発中だ。次期型の目玉が電動化。グレードの頂点に君臨するのがプラグインハイブリッド(PHEV)の「Eパフォーマンス」となる。今回、「Spyder7」が初スクープしたのはまさにそのAMG『GT63 Eパフォーマンス』のプロトタイプだ。

昨年末、AMGブランドとして『SLロードスター』を発表、2015年から2021年に製造されたAMG GTロードスターにとって替わった。とは言え、「GT」の名称はハードトップに受け継がれている。これまで、エントリーモデルの「53」と、上位モデル「63」のプロトタイプをスクープしてきたが、PHEVモデルは初スクープだ。

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、テスト機器を備えた特別なスチールホイールを装着している。リアバンパー右側にチャージポートドア(充電口)が確認できることから、電動モデルであることがわかる。フロントエンドでは、ヘッドライト周りがこれまでみた「53」や「63」と異なっており、PHEVモデル専用デザインが採用される可能性もありそうだ。また後部では、アクティブリアウィングが起動し、四角いクワッドエキゾーストパイプも見てとれる。

注目のパワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせる。最高出力は843ps、最大トルク1400Nmを発揮する。このパワートレインは兄弟モデルのSLにも搭載されると見られており、最高出力710psの「SL63e」と、最高出力843psを発揮する「SL63 Eパフォーマンス」のラインアップが噂されている。

AMG GT次期型のデビューは2022年終わりと予想される。強力なEパフォーマンスは、2023年のワールドプレミアが期待されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します