サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【トヨタ ランドクルーザー 新型】開発責任者「信頼性と軽量化の両立に苦心」…盗難対策でトヨタ初の指紋認証

ここから本文です
トヨタ自動車は8月2日、『ランドクルーザー』の旗艦モデルであるステーションワゴンタイプを14年ぶりに全面改良し、同日から国内販売を始めたと発表した。1951年8月に初代モデル(トヨタBJ型)が登場してから70年の節目も迎えた。

新型は2007年に発売の「200シリーズ」の後継で、「300シリーズ」となった。排ガス規制によって200シリーズでは廃止されていたディーゼルも3.3リットルV6型ツインターボエンジンを採用し、14年ぶりに復活した。ガソリン車は3.5リットルのV6型ツインターボエンジンを搭載している。

おすすめのニュース

サイトトップへ