サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > タイヤ交換か? ステイアウトか? 勝負の分かれ目でメルセデスが見せた、ハミルトンを“断固としてピットに入れる”姿勢

ここから本文です
 F1ロシアGPのレース終盤では、首位を走るランド・ノリス(マクラーレン)とそれを追いかけるルイス・ハミルトン(メルセデス)による僅差の争いが繰り広げられていた。そんな中、突然降って来た雨に対応してインターミディエイトタイヤに交換したハミルトンは、スリックタイヤでコースに留まるノリスを残り3周で逆転。F1キャリア通算100勝という金字塔を打ち立てた。

 しかし、ドライタイヤからインターミディエイトタイヤに交換するにあたっては、ハミルトンにも迷いがあった。それもそのはず、雨が降り始めた当初はコースのほとんどがドライだったからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン