サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TOYOTA GAZOO Racingが2020年ニュル24時間の体制を発表。石浦宏明、大嶋和也らが参加

ここから本文です

TOYOTA GAZOO Racingが2020年ニュル24時間の体制を発表。石浦宏明、大嶋和也らが参加

TOYOTA GAZOO Racingが2020年ニュル24時間の体制を発表。石浦宏明、大嶋和也らが参加

 TOYOTA GAZOO Racingは富士スピードウェイで行なわれた『TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019』で2020年のニュルブルクリンク24時間レース(5月21日~5月24日)の参戦体制を発表。レクサスLCの1台体制で臨むことが明らかにされた。

 このTGRFでは「ニュルブルクリンク24時間レース」と題して、今年参戦した車両が登場。ここ数年はTOYOTA GAZOO Racingに加えてスバル WRX STI NBR CHALLENGEもレースに参加しているが、今年は近藤真彦監督率いるKONDO RACINGのニッサンGT-R NISMO GT3も登場。いつもとは少し顔ぶれの違う面々でのデモレースとなり、晴天に恵まれた富士スピードウェイで迫力ある走行を披露した。

■LC500がラストラン。『TGRF2019』で集まったファンに挨拶

 走行後には、集まったファンに向けてTOYOTA GAZOO Racingが早くも2020年のニュル24時間レース体制を明らかにした。今年はGRスープラとの2台体制だったが、来年についてはレクサスLC1台のみでの参戦となる。その中身は2020年仕様に進化させ、エンジン、サスペンション、ボディ、制御関係など将来市販車にも採用を予定している新開発のパーツを多数導入してレースに臨むという。

 ドライバーラインアップも一新され、スーパーGT(GT500クラス)に参戦する石浦宏明、大嶋和也が久しぶりにプロジェクトに復帰。今年参戦した佐々木雅弘、蒲生尚弥を加えた4名を起用することも発表された。

 今年でレクサスLCでのニュル24時間挑戦は3年目となるが、過去2年とも大きなトラブルに見舞われピットで作業に追われる時間が長引いたが、これまでの経験をもとに来年はノートラブルでの完走を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します