サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ代表、ベッテルとルクレールの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」

ここから本文です

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、F1第20戦ブラジルGPのレース終盤に同士討ちを演じた。

 彼らは4番手を争っている66周目にバックストレートで接触。その際に両者は無線で激昂し、互いを非難した。

■フェラーリ代表、同士討ちは“愚か”と失望「チームに謝るべき」

 今季からコンビを組んでいるベッテルとルクレールがコース上でクラッシュするのは初めてのことだったが、これまでにチームオーダーを巡る問題によって緊迫した瞬間はいくつかあった。

 チーム代表のマッティア・ビノットは、ベッテルとルクレールが健全な関係にあるかどうかについて次のように答えた。