サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「カウンタック」は2億6000万円! 「ミウラ・コンセプト」との違いとは?

ここから本文です

新型「カウンタック」は2億6000万円! 「ミウラ・コンセプト」との違いとは?

■ランボルギーニの金字塔「ミウラ」と「カウンタック」

 2021年8月中旬、「モントレー・カーウィーク」で中核をなすイベントとして開催されたふたつのクラシックカー・コンクール、「ザ・クエイル・モータースポーツギャザリング」および「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、アウトモビリ・ランボルギーニ社が世界初公開した「カウンタックLPI800-4」は、早くも全世界で自動車エンスージアストの話題を独占しているようだ。

トヨタが1000馬力、価格も1億円級のモンスターマシンを市販化へ

「スーパーカー」というカテゴリー限定でなく、すべての自動車の歴史においてもアイコン的な名作となった元祖「カウンタック」が、2021年に生誕50周年を迎えることを記念してデビューしたLPI800-4だが、このニューカマーのもたらすセンセーションの傍らで、今から15年前にショーデビューを果たした、もうひとつのリバイバル版ランボルギーニを思い出した人もいるだろう。

 2006年に発表され、現在ではサンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ本社に隣接する公式ミュージアム「MUDETEC(Museo Delle Tecnologie)」に展示されている「ミウラ・コンセプト」である。

●スーパーカーの開祖、ミウラの完全再現を狙う

 ランボルギーニ「ミウラ・コンセプト」は、2005年にランボルギーニ本社内で起案されたという「レトロ・コンセプト・プロジェクト」の第一弾として、2006年1月に開催された北米デトロイト・ショーにてワールドプレミアに供された。

 このコンセプトスタディにおける最大のトピックは、やはり往年のオリジナル版「ミウラ」を忠実に模したボディデザインにあるというべきだろう。

 現代的な20インチのホイールに合わせて若干のサイズアップが施されるとともに、ロングノーズのオリジナルよりは少々キャビンフォワード的なプロポーションとはなっていたものの、そのスタイリングはほぼ忠実にミウラを再現していた。

 たとえば、有名な「まつ毛」もグラフィックに組み込まれた楕円形のヘッドライトや、左右ドア後方/サイドシル後部のエアインテーク、カンパニョーロ製マグネシウム・アロイをシンプルな意匠としたようなホイール、エッジの効いたショルダーラインを持つ一体型のリアカウル。そしてコーダ・トロンカに切り落とされたテールにテールランプの形状など、随所にモダナイズを受けながらも全体像はミウラそのものであった。

 さらにリアエンドに取り付けられた「Miura」エンブレムは、オリジナルのロゴがそのまま引用されたものだった。

 このコンセプトカーは、アウトモビリ・ランボルギーニ社の公式見解によると、2006年当時に同社のデザインスタジオを率いていた名匠、ヴァルター・デ・シルヴァ氏が、デザインワークを主導したことになっている。

 しかし、当時の日本のさるスーパーカー専門誌の記事では、実際にミウラ・コンセプトのデザインを担当したのは、1998年からランボルギーニのデザイン部長の地位にあり、2005年夏に同じVWグループの「セアト」に移籍したルク・ドンカーヴォルケ氏の可能性が高い旨を記している。

 デ・シルヴァ氏とドンカーヴォルケ氏のグループ内人事異動と「レトロ・コンセプト・プロジェクト」の発表がほぼ同時期であることから、ミウラ・コンセプトは元来ドンカーヴォルケ氏が起案したものをデ・シルヴァ氏が手直し、もしくは再デザインしたとみていたのだ。

 たぶん、その見方に間違いはないだろうが、その一方でデ・シルヴァ氏にとってランボルギーニ・ミウラの復活が非常にチャレンジングな体験であったこともまた、間違いのない事実だったことだろう。

 こちらも当時の専門誌の報道によると、デ・シルヴァ氏は「この2年間、ミウラの再デザインを手がけられたら……と、なんども夢に見てきました。いま、ランボルギーニ社デザイン部門ディレクターという私の新しいポジションと、ランボルギーニ社CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏の熱心なサポートのおかげで、夢が現実のものとなったのです」と語ったという。

●夢と終わったレトロ・コンセプト・プロジェクト

 ところが、デ・シルヴァ氏や世界中のランボルギーニ愛好家たちの熱望をよそに、ミウラ・コンセプト計画はキャンセルの憂き目を見る。

 さらに、往年のランボルギーニのマスターピースたちを現代に甦らせることを目指し、成功のあかつきには「エスパーダ」などの復刻も考えられていたという「レトロ・コンセプト・プロジェクト」も、具現化されたのはこのミウラ・コンセプト一回きりに終わってしまったのだった。

■現代に蘇った「カウンタックLPI800-4」の価格は?

 2021年の夏、クエイルロッジで世界初公開された「カウンタックLPI800-4」について筆者がなによりも驚かされたのは、「もしもショーで好評だったら、数台だけ限定生産を検討しよう」などというような観測気球的コンセプトカーではなかったことである。

●最初から販売されることを前提だった新型「カウンタック」

 かつてオリジナル版カウンタックにランボルギーニ社が授けたコードナンバー「LP112」にちなんだ112台限定ながら、正式にシリーズ生産されるという文言に加えて、200万ユーロ(約2億6000万円)からという販売予定価格まで、アウトモビリ・ランボルギーニ社の公式リリースに含まれていたのだ。

 翻って今から15年前、2006年に「ミウラ・コンセプト」が発表された際には、メカニズムなどの概要についての公式なリリースはなく、デトロイト・ショーに展示された車両もモックアップに過ぎなかった。

 ただ、もしかしたらダミーかもしれないものの、一応はリア・ミッドシップになんらかのパワーユニットを搭載していたそうで、当時現地で見る機会を得たメディア関係者の証言によると、レイアウトはオリジナル版ミウラのような横置きではなく、縦置きのように見えたとのことのである。

 現在のMUDETECでもリアカウルを開いてエンジンを見ることはできないのだが、もし本当にエンジンを載せていたならば、おそらくは当時のランボルギーニ生産モデルである「ムルシエラゴ」用の6.2リッターV12ユニットが選ばれるのが自然だったと考えられよう。

 また、ムルシエラゴより短めにも映るホイールベースから、もし生産化されるならば「ガヤルド」用のV10ユニットが搭載されるとも噂されながらも、このプロジェクトそのものがキャンセルとなってしまったために、今なお詳細は分からないままとなっている。

 一方、新生カウンタックLPI800-4は「ザ・クエイル・モータースポーツギャザリング」で初めてその姿を現したのと同じ段階から、エンジンなどのスペックも早々に公開されることになった

●新型「カウンタック」のベースは「アヴェンタドール」だ

 パワーユニットは、ベースとなる「アヴェンタドール」シリーズに共通するV12ガソリンエンジンに、48V電動モーターのアシストによるマイルドハイブリッド機構も搭載。エンジン単体でも最新にして最終型でもある「LP780-4ウルティメ」と同じく、780psの最高出力と720Nmの最大トルクを発生する6.5リッターのV12自然吸気ユニットに、34ps/35Nmのモーターを合わせ、システム合計では「LPI800-4」の車名に相応しい814psをマークするという。

 またボディワークについても、ミウラ・コンセプトがオリジナル・ミウラを忠実にトレースしようとしていたのに対して、カウンタックLPI800-4ではオリジナルを拡大解釈。たとえば、「LP400」以降のオリジナル版カウンタックを特徴づけていたボディ両サイドの「NACA」スクープは、より大型化されるとともに現行アヴェンタドールとの関連を思わせる意匠とされている。

 またオリジナル版カウンタックとは違って、ノーズにクーリングシステムの一部を持つアヴェンタドールに準拠するため、元祖「LP500」プロトティーポのようなフロントエンドの下には、現行型ランボルギーニに近いスタイルのエアダムスカートが設けられるなど、きわめて現実的かつ現代的なスタイリングを体現しているのだ。

 この現代風アレンジについては、当然のことながら賛否両論があるだろう。しかし、メカニズムなどのスペックを早くも公開したことと同様に、当代最新のスーパーカーとしてカウンタックLPI800-4を仕立ててきたことには、かつて不発に終わった「ミウラ・コンセプト」の轍を踏むことなく、正規のプロダクトとして世に問おうとするアウトモビリ・ランボルギーニ社の強い意志が感じられるのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します