サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 負け惜しみじゃなくクルマは速さじゃない! 鈍足でも不思議と楽しいクルマ5選

ここから本文です

負け惜しみじゃなくクルマは速さじゃない! 鈍足でも不思議と楽しいクルマ5選

 クルマを自分でコントロールする楽しさが感じられる

 クルマはスピードが速ければ運転して楽しいとは限らず、対照的に「超ローパワーで遅いけど楽しい」というクルマもある。今回はそんな現行車をピックアップしてみよう。

ターボじゃ味わえない官能的なフィーリング! 人生一度は乗るべき至高のNAエンジン搭載モデル4選

 1)スズキ・ジムニー

 軽自動車ながら本格クロカンSUVであるジムニーは、深い雪道やオフロードといった条件の悪い環境で本領を発揮するクルマのため、オンロードは決して得意ではない。ジムニーでオンロードを走ると車重が1トンを超えるゆえ、動力性能に余裕がない、コーナーではグラリとロールすることもあるなど、ネガティブなところも多い。しかしそのあたりは逆手に取って繊細な運転をすると、うまく行った時にはクルマを自分でコントロールしているという歓びが感じられ、運転していて楽しい。

 またジムニーは音のうるささやシートの薄さ、MTだとシフトの際の重さなど、長い時間運転すると疲れるクルマでもあるが、体調のいい時なら疲れも適度な運動のように心地いい。そんなクルマだけに自分のものにするには躊躇する気持ちもわかるが、高値で売れるクルマでもあるので、興味があるなら勇気を持って買ってみることを勧めたい。

 2)軽トラック全般

 MTであれば現在もっともシンプルなクルマである軽トラックは、クルマの原点のような存在だ。車重は700kg程度と軽いがエンジンは50馬力程度のNAなので速い訳はない。しかしその分MTならギヤチェンジを駆使してアクセルを多めに踏みながら走れるので、遅いスピードでも速度感を楽しめる。さらに軽トラックは後輪駆動車なので、クローズドされた雪道や氷上ならアクセルオンでテールを流すドリフトもできるなど、見方によってはクルマを運転する楽しさが詰まったクルマたちでもある。

 クセの強さにハマってしまう輸入車も!

 3)フォルクスワーゲンup!

 up!は日本車ならトヨタ・パッソ&ダイハツ・ブーン、日産マーチ、三菱ミラージュに相当するベーシックカーである。それでもup!はシンプルなクルマながら硬質な回り方をするエンジンや高速道路での高い走行安定性を持つ。1リッターの3気筒エンジンということで動力性能の余裕こそないものの、昔ながらのドイツ車らしさに溢れた運転が楽しいクルマだ。日本仕様のトランスミッションはMTのクラッチ操作とシフト操作を自動化したAMTなので、シフトのスピードやタイミングにクセもあるが、そのクセを予測してドライバーが操作を加えるのも、人によっては楽しさの1つとも捉えられる。

 4)フィアット500&パンダのツインエア

 フィアット500とパンダは、500がup!と同様のベーシックカー、パンダはそのハイトワゴン版である。この2台で感じる運転する楽しさは、ツインエアと呼ばれる2気筒エンジンに尽きる。ツインエアは初期のものに比べればかなり改良されたものの、2気筒エンジンのため振動は大きい。

 しかし振動と書いたが、不快なものではなく鼓動とも感じられる独特の心地よさがあり、この楽しさは500とパンダだけで味わえる貴重なものだ。

 5)プジョー208スタイルのMT

 プジョー208は全幅が1740mmあるため3ナンバーとなるものの、車格としては日本車ではトヨタ・ヴィッツやスズキ・スイフトなどに相当するコンパクトカーである。208のベーシックモデルとなるスタイルには、1.2リッター3気筒NAを搭載するMT車もある。このクルマはもちろん速くもなく、シフトフィールとクラッチフィールにクセがあり、インテリアも独創的。慣れるまで少々時間がかかるが、フランス車らしいしなやかさに代表される個性も含め、運転して楽しい。

 しかも中古車市場には未使用車が総額160万円程度で流通しているので、「軽自動車や日本車のコンパクトカーより面白そう」と比較的軽い気持ちで、輸入車入門の1台として買えるのも嬉しいポイントだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します