サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CT125ハンターカブで、ニーグリップが効く。K&H“そら豆”シートがスポーツマインドに溢れている件

ここから本文です

CT125ハンターカブで、ニーグリップが効く。K&H“そら豆”シートがスポーツマインドに溢れている件

ぶっちゃけ広告記事ではないので、名指しで書かせていただくが、僕が個人的に信頼と尊敬をしているシート関係のブランドが3つある。一つはキングオブシートこと野口シート。Team HRCダカールラリーにもシートを供給しており、「尻は、基本的にスポンジを超えてシートベースへ底付きするものである」という考え方のもと、徹底的にスポンジフォームを研究してきた。二つ目は、サカモトワークス。鈴木健二が編み出したMTBのタイヤを貼り付けるという、アメリカ人真っ青な強引なグリップ手法をとったクロコダイルシートを製品化した。三つ目が、今回紹介したいK&Hである。元々、「紀一と博F.R.P.研究所」という屋号であっただけあり、そもそもはFRPの玄人集団だったのだが、今はシートに特化した。シートベース、フォーム、カバーすべてをいちから作り出すという稀代の“メイカー”である。

シートを企画する際、代表の上山氏は徹底的にそのバイクを乗り込み、シートだけでなくバイクの課題点を洗い出す。それから、型を手で削り出し(その姿はまさに職人。シートシェイパーである)、型をバイクに取り付けては納得がいかないと型を壊し…。トライ&エラーを繰り返して生まれるのが、K&Hの製品だ。

ホンダ「GB350 S」誕生! スタンダードモデルのGB350とともに詳細発表

軽快感がシートで生まれる不思議
K&Hのそら豆(ハイ)シートをお借りし、CT125に乗り出してすぐに感じたことは、加速のしやすさだった。そもそもCT125自体、加速がしづらいなんて思ったことは一切なかったけど、そら豆シートを装着することで気づかされたのだ。CT125の純正だと、加速時にリアへ尻が押しつけられたときに、受けてくれるところがなく若干腹筋に緊張をともなうのだが、そら豆シートではそれがない。自然に体幹が加速Gをうけとめてくれる。

さらに言うと、減速時はもっと違いを感じる。純正シートで減速する時、我々は知らずのうちに足をステップに向けて踏ん張っている。タンクがないバイクだから、足で踏ん張るしかないのだが、そら豆シートは前側に傾斜がついていて、これを腿の裏で挟み込めるというスンポーなのだ。だから、減速時は通常のバイクと同じように、ニーグリップで減速Gを押さえ込める。

このかすかにニーグリップできる仕様は、乗り込んでみると純正とはまるで違う。我々は、いかに普段、ヒザでバイクと対話してきたのか、よくわかる。バイクを倒しこむ動作、そのバンク角を感じるセンサーとして、倒れ込みすぎているバイクをイン側で支える動作、その一つ一つが、実はカブやスクーターではかなわないことだったのが、そら豆シートでは感じることができるのだ。

だから、大袈裟ではなくCT125の軽快感がまるで変わる。

元々、実はCT125ハンターカブは、CC110クロスカブに比べて軽快感ではかなわないと思っていた。それは、重厚な作りであることや、いわばアンダーボーンフレームのワクを飛び越えた剛性感によるものだと思っていた。CC110はカブ。CT125はバイクに近い、そんなことを考えていたんだけど、そら豆シートはそれを払拭してくれたとも言える。積極的にバイクを操っていこう、元気に乗ろうと思った時、操作系統が増える(この場合は、ニーグリップできるシート)ことは格段にその「軽快感」を増すのだと思った。

尻が痛くならないためには、骨盤がまっすぐスポンジにささらなければならない
K&Hのシートは、そこそこスポンジフォームに固さもコシもある。だが、尻が痛くなりづらいと評判だ。それは、骨盤の一番下の部分、つまり坐骨がいかに尻の肉を巻き込まないかというのが大事なのだという。

坐骨は、椅子に座るときいつも尻の肉を圧迫する。これがまっすぐスポンジに向けてささっていれば、うっ血しづらいのだが、尻の肉を巻き込みながら坐骨がスポンジに刺さると、うっ血しやすいのだ。バイクのシートで、尻痛を引きおこす原因の多くはここにある。

そこで、K&Hのシートは傾斜角を調整することで、乗り心地がフラットになっている。実際には見ての通り傾斜はついているが、尻をのせてみると「尻が滑り落ちる感覚」がまったくなく、平らなシート面にすわっているフィーリングになる。大抵のバイクは、座った瞬間に「どこに座るのか」がはっきり決められていることに気づくのではないだろうか。基本的にバイクのシートは、前傾斜になっていることで加速時のGを尻でうけとめられるようになっているのだが、これが痛みの原因になることが多いのだ。

さらには、CT125の場合はタンクキャップがかなり出っ張っていて、その部分シートフォームをよける形になっているのだが…

みてのとおりK&Hでは、シートベースをつくりかえることで、タンクキャップの逃げを極限まで追い込んである。その分、シートフォームは厚くなり、より尻痛をふせいでくれるというわけだ。

そら豆(ハイ)シートは、スタンダードよりも20mm高い仕様。だが、CT125をすこしでも軽快にのりたければ、この高さを妥協して欲しい。ちなみに、身長180cmの稲垣だと、あたりまえだけど両足べったり。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します