サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実は微妙に意味が異なる「同音意義」グレード名! 「RS」と名乗った「国産名車」9台

ここから本文です

共通する「走り」の中に狙いが異なる各メーカーの狙い

 走りを意識したグレードのクルマに掲げられる事の多い「RS」。ここ最近だと昨年末に登場したホンダ・N-ONEにあるターボ&6MT(CVTもあり)モデルがそれだ。ところでこのRS、どういう意味なのか。それが冠されているグレードは「速そう」「走ってくれそう」なイメージがあるが……。そこで今回、かつて世に放たれたRSの名車たちを紹介しつつ、その2文字に込められた意味を各メーカーに聞いてみた。

中古価格高騰は「GT-R」だけじゃなかった! じつはスゴイ「GTS-t タイプM」の人気と実力

ホンダ・シビック

 RSという名称を車名に与えたのは、ホンダの初代シビックが早かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン