サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バイク神社「小鹿神社」、鹿革を使ったライダー向けお守りを開発

ここから本文です

ちちぶのじか活性化協議会は、バイク神社「小鹿神社(埼玉県小鹿野町)」と「鹿革お守り(鹿革一台守)」を共同開発。頒布を開始した。

バイクの聖地としてツーリングスポットになっている小鹿神社は、バイク神社とも呼ばれている。交通安全祈願に多くのライダーが訪れ、てんとう虫を絵柄にした「転倒防止守」が人気を集めている。

ちちぶのじか活性化協議会は、近年、有害鳥獣として駆除されている「鹿」を「自然が育んだ命を大切にしたい」として、「ちちぶのじかプロジェクト」を展開している。

おすすめのニュース

サイトトップへ