サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン見出したレッドブル重鎮、スーパーライセンスのポイント制に不満「F1にたどり着けないスター候補が多くいる」

ここから本文です

 マックス・フェルスタッペンは先日、レッドブルとの契約を2023年まで延長。F1ワールドチャンピオン獲得に向けて、長期的にチームと協力していくことを決めた。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、フェルスタッペンが“並外れた才能”を持っていると評価している。

■「もはや言い訳はできない」レッドブル重鎮、ホンダの改善に“プレッシャー”感じる

 マルコはmotorsport.comの独占インタビューに対し、フェルスタッペンと初めて出会った際のことを話した。彼曰く、その時からフェルスタッペンが特別な存在であることに気付いていたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ