サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ふそう、2039年にバリューチェーン全体でカーボンニュートラル 工場のCO2実質ゼロなど

ここから本文です
 三菱ふそうトラック・バスは、バリューチェーン全体で2039年までにカーボンニュートラルの達成を目指す方針を発表した。22年までにカーボンニュートラル化するポルトガルの工場を皮切りに、各生産拠点の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにするほか、物流や部品調達でも環境対応を加速する。

 生産拠点のCO2削減では、グリーン電力の調達や自社の太陽光発電量を増やすほか、ポルトガルの工場では太陽光から発電した電力を用いたグリーン水素の生産も検討する。国内の3工場でも再生可能エネルギーの発電量の拡大やCO2オフセット制度の活用などで39年までにカーボンニュートラル化する方針だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ