サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 約1.4億円のレーシングカーが無残な姿に 80年代に活躍した「ポルシェ 962C」がサーキットでクラッシュ、フロント部分が大破

ここから本文です

 1980年代のレースシーンを牽引したレーシングカー「ポルシェ 962C」が、サーキットを走行中にクラッシュする映像が、海外で話題になっていました。

 事故が起こったのは、公道ではなくサーキット。コーナーを曲がっていたポルシェ 962はスムーズな動きに見えましたが、その直後に車体がすべり、そのままコントロールを失ってウォールに激突してしまう様子が映像に映し出されています。

パガーニ・ウアイラBC(約3.6億円)がぁぁぁ! ポルシェ「911 GT2 RS」が希少なスーパーカーに激突 衝撃映像が話題に

 クラッシュしたポルシェ 962Cは、1980年代に国際モータースポーツで活躍した歴史あるレーシングカーです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン