サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三井化学 橋本社長「今年度のモビリティ事業は大きくマイナスになる」

ここから本文です

三井化学は6月2日、経営概況説明会をオンラインで開催した。そのなかで橋本修社長は2020年度の連結業績見通しについて、営業利益が350億円と前年度に比べて50%以上減少することを明らかにした。

「コロナウイルスの影響、原油価格下落による評価損の影響を受けて20年度においても引き続く厳しい状況が続く」と橋本社長は話し、特にモビリティ事業と基盤素材事業の落ち込みが大きいという。

モビリティ事業の営業利益は前年度の427億円から152億円(36%)減少の275億円、そして基盤素材事業は同87億円から202億円(232%)減少して115億円の営業赤字に転落する。

おすすめのニュース

サイトトップへ