サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、連発したF1タイヤトラブルを深刻視「次は誰だ、と心配になった。起きてはならないこと」

ここから本文です

 F1第6戦アゼルバイジャンGPでタイヤのトラブルが続いたことに、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは不安を覚え、次は誰に問題が発生するのかと気が気でなかったという。

 バクーでの51周のレースにおいて、タイヤトラブルによる2回のクラッシュが起きた。1回目は、29周目、ベッテルのチームメイトであるランス・ストロールのタイヤがパンク、ストロールは激しくクラッシュした。

F1タイヤアクシデント多発問題、ハミルトンの左リヤにもカットが見つかる。ピレリ、原因はデブリの可能性との見解

「(最初は)何が起きたのか分からなかった」とベッテルはレース後に語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン