サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 生き残るのは至難のワザ! 期待されて登場するも消えた「5ドアハッチバック」5選

ここから本文です
 トヨタは市場を模索しつつ5ドアハッチバックを多く投入していた

 4ドアセダンに始まりFF2BOX、1BOXワゴン、ミニバンと時代に応じて市場の支持を集める車両形態は変化を続けてきたが、なぜか注目を浴びない車型があった。5ドアハッチバックである。セダン型乗用車の落ち着きとワゴンの荷室ユーティリティを兼ね備えた5ドアハッチバック車は、ヨーロッパ市場では安定した人気を持つ車型のひとつだが、日本では各メーカーがトライするも、注目されることなく姿を消すケースが大半だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ