サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1レースディレクター、ペナルティの”重さ”には「事故の結果を考慮すべきではない」と原理原則を説明

ここから本文です
 F1イギリスGPの1周目に起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触。これによりフェルスタッペンはその場でリタイアとなり、ハミルトンには事故を起こした責任があるとして10秒のタイム加算ペナルティが科された。

 しかしハミルトンはこのペナルティを克服し、レースに勝利。このことは、レッドブルとフェルスタッペンのフラストレーションを高める一因となっていることは間違いないだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン