サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス9位「表彰台のためリスクを取ったが、ステイアウトは間違いだった」レッドブル・ホンダ/F1第15戦

ここから本文です
 2021年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは9位だった。

 ペレスはファーストスティントを長く取る戦略で、ハードタイヤでスタートし、29周目にトップに立ち、53周のレースの36周目でミディアムに交換した。この際、ピットストップ作業で右リヤホイールに時間がかかり、5番手でコースに復帰することになった。47周目には3番手に浮上。しかしそのころから雨が降り始め、順位を落とした後に50周目にインターミディエイトに交換、早々にインターに交換したドライバーたちの後ろになり、9位フィニッシュという結果になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ