サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【AT操作の嘘と本当】完全に停まってからRやPに入れないと壊れるのか!?

ここから本文です
 普段オートマチック車(CVT含む)の愛車に乗っていると、何気なくやってしまいがちな操作が、車庫入れなどの際、きちんとクルマを停止せずに、シフトレバーをD(ドライブ)からR(リバース)に入れてしまうこと。

 逆のRからDへの操作もしかりだが、ゆっくりとはいえ、クルマが動いている時にシフトチェンジすることは、昔からATを壊すため、やってはいけないと言われてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ