サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン「リスタート時にタイヤが心配だったけど、ペースを維持することができて満足」:ハース F1第4戦決勝

ここから本文です

 2020年F1第4戦イギリスGPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンは16位、ケビン・マグヌッセンはオープニングラップでの接触によりリタイアに終わった。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=16位
 この成績に終わったのは残念だ。レースの最初から最後まで、ずっと限界ギリギリでドライブしていたからね。最初のスティントは楽しかった。セーフティーカーランの間は5番手にいて、「すごい、昔の良かった時みたいだ」と思ったよ。

8位アルボン、接触のペナルティに不満「僕ひとりの責任だとは思わない」レッドブル・ホンダ【F1第4戦決勝】

 ステイアウトするという判断に不満はない。

おすすめのニュース

サイトトップへ