現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワゴンともSUVとも異なる、初代スバル『フォレスター』の色あせないスタイル【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です
ワゴンともSUVとも異なる、初代スバル『フォレスター』の色あせないスタイル【懐かしのカーカタログ】
写真を全て見る(8枚)

富士重工業(当時、現スバル)が『レガシィ』、『インプレッサ』に続くモデルとして1997年2月に登場させたのが初代『フォレスター』。車名は「森に住む人」「森に住む動物」のほか「森を育む人」の意味。ワゴンともSUVともカテゴリーが異なるクルマの位置づけだった。

当時の広報資料では「あらゆるシーンでの使いやすさと、あらゆる道での爽快な走りを追求した、乗用進化型SUV」と定義。特徴的だったのは全高を1580mm、運転席のヒップポイント590mmと高めにとり、実用性の高さと見晴らしのいい視界を確保していたこと。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

マセラティ『グランカブリオ』新型、2月29日デビューが決定
マセラティ『グランカブリオ』新型、2月29日デビューが決定
レスポンス
「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
モーサイ
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
AUTOSPORT web
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
レスポンス
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
AUTOSPORT web
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
AUTOSPORT web
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
ベストカーWeb
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
Auto Messe Web
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
AUTOSPORT web
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
Auto Messe Web
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
レスポンス
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
グーネット
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
レスポンス
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
ベストカーWeb
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
ベストカーWeb
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「クルマ友達」第91回
くるまりこちゃん OnLine 「クルマ友達」第91回
ベストカーWeb

みんなのコメント

10件
  • 備えましょう
    やっぱり初代が良かった車の1つ。
    今現在でもフォレスターと言われれば思い出すのはやっぱりコレ。
    登場前まではエクシーガ名も検討されたようだし、ハズレ個体だと窓落ちするのも有名だが、
    何と言ってもやはりこの時代もスバルは燃費が流石に問題。
  • なんぴん
    初代S/tbはターボで5MTで諸経費込みで250万円だった。
    安かった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.5276.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0258.0万円

中古車を検索
レガシィの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.5276.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村