現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワゴンともSUVとも異なる、初代スバル『フォレスター』の色あせないスタイル【懐かしのカーカタログ】

ここから本文です

ワゴンともSUVとも異なる、初代スバル『フォレスター』の色あせないスタイル【懐かしのカーカタログ】

掲載 10
ワゴンともSUVとも異なる、初代スバル『フォレスター』の色あせないスタイル【懐かしのカーカタログ】

富士重工業(当時、現スバル)が『レガシィ』、『インプレッサ』に続くモデルとして1997年2月に登場させたのが初代『フォレスター』。車名は「森に住む人」「森に住む動物」のほか「森を育む人」の意味。ワゴンともSUVともカテゴリーが異なるクルマの位置づけだった。

当時の広報資料では「あらゆるシーンでの使いやすさと、あらゆる道での爽快な走りを追求した、乗用進化型SUV」と定義。特徴的だったのは全高を1580mm、運転席のヒップポイント590mmと高めにとり、実用性の高さと見晴らしのいい視界を確保していたこと。さらにレガシィ・アウトバックなどとも共通の200mmの最低地上高が確保され、悪路走破性にも優れる設計になっていたのも特徴。

ダンロップが挑む次世代技術『アクティブトレッド』が示す未来のタイヤ革命

水平対向エンジン/トランスミッション/トランスファー/リヤデフを一直線に配置した乗用4WDシステムは、低重心を特徴とし、最大安定傾斜角50.8度とSUVトップレベルを確保。優れた操縦性もアピールした。AT車にはマルチプレートトランスファーの作動油圧を電子制御することで走行状態に応じて後輪への伝達トルクを変化させる、トルクスプリット方式のフルタイム4WDを採用した。

搭載エンジンには、当時のインプレッサ・ターボに搭載されたBOXER MASTER-4をベースとした水平対向4気筒4カム16バルブターボのEJ20型を設定。インプレッサ・ターボの240ps/31.0kg-mを上回る250ps/31.2kg-mを発揮した。サスペンションは4輪ストラットで、T/tbのリヤにはセルフレベライザーを採用した。

室内には合計30箇所の収納スペースが設けられたほか、シングルフォールド式のフルフラットカーゴスペースとし、使いやすさも配慮した。リヤウインドゥ下端を低くし後方視界を確保した外観スタイルはプレーンで、今の目で見ても決して古さを感じさせない。

こんな記事も読まれています

ルノー『ラファール』、最上位SUVクーペの受注をフランスで開始
ルノー『ラファール』、最上位SUVクーペの受注をフランスで開始
レスポンス
ド迫力ワイドな日産「新型GT-R」初公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング装備に「かっこいい」と反響も! ゴールデンな“新旧融合モデル”爆誕
ド迫力ワイドな日産「新型GT-R」初公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング装備に「かっこいい」と反響も! ゴールデンな“新旧融合モデル”爆誕
くるまのニュース
長大「宿44」以外にも4路線を廃止へ 小田急バス、運転士不足などで 便数変更も多数
長大「宿44」以外にも4路線を廃止へ 小田急バス、運転士不足などで 便数変更も多数
乗りものニュース
自動車のプロはどうやって愛車を選んでいるのか? ハズさないクルマ選びのコツを聞いてみた
自動車のプロはどうやって愛車を選んでいるのか? ハズさないクルマ選びのコツを聞いてみた
WEB CARTOP
メルセデスの新型W15は確実に進歩? テスト初日担当のラッセル「昨年よりも良いフィーリング」
メルセデスの新型W15は確実に進歩? テスト初日担当のラッセル「昨年よりも良いフィーリング」
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「“ミニ”カローラ」!? 新たな低価格「クーペセダン」登場に注目集まる! 小さいのに「存在感すごい」スポーティ仕様!「実車展示」された泰モデルとは
トヨタ新型「“ミニ”カローラ」!? 新たな低価格「クーペセダン」登場に注目集まる! 小さいのに「存在感すごい」スポーティ仕様!「実車展示」された泰モデルとは
くるまのニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【ミツビシ・デリカミニ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【ミツビシ・デリカミニ】
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】超軽量ボディに高回転エンジン…キレるハンドリングの「CR-X」
【旧車FAN】超軽量ボディに高回転エンジン…キレるハンドリングの「CR-X」
月刊自家用車WEB
【F1メカ写真】超過激な進化を遂げた、レッドブルの2024年マシンRB20。そのカウルの下を早速激写! ヘイロー付け根の開口部はどんな効果?
【F1メカ写真】超過激な進化を遂げた、レッドブルの2024年マシンRB20。そのカウルの下を早速激写! ヘイロー付け根の開口部はどんな効果?
motorsport.com 日本版
クルマについてる「謎の角」何のため? 無くても平気? 屋根に備わる“ツノ”の意外な役割とは
クルマについてる「謎の角」何のため? 無くても平気? 屋根に備わる“ツノ”の意外な役割とは
くるまのニュース
10年ぶりのフルモデルチェンジで進化した4代目! まもなく日本でも発表!? 新型「ミニ・クーパー3ドア」に登場した“4つのグレード”の違いとは
10年ぶりのフルモデルチェンジで進化した4代目! まもなく日本でも発表!? 新型「ミニ・クーパー3ドア」に登場した“4つのグレード”の違いとは
VAGUE
ウイリアムズが2024年型F1マシン『FW46』を初公開。アルピーヌもバーレーンでシェイクダウンを実施
ウイリアムズが2024年型F1マシン『FW46』を初公開。アルピーヌもバーレーンでシェイクダウンを実施
AUTOSPORT web
大変貌レッドブルF1の新車はいい感じ! 重鎮マルコ「非常に印象的。コンセプトは機能している」
大変貌レッドブルF1の新車はいい感じ! 重鎮マルコ「非常に印象的。コンセプトは機能している」
motorsport.com 日本版
昔のキャッチコピーもイカシとるやん! 80年代、90年代のホンダ・スズキ・いすゞのカタログが中々いいぞ!
昔のキャッチコピーもイカシとるやん! 80年代、90年代のホンダ・スズキ・いすゞのカタログが中々いいぞ!
ベストカーWeb
ポルシェ新型「マカン」はBEVになった! ターボは航続可能距離591キロ、最高出力639馬力! 気になる日本導入時期は
ポルシェ新型「マカン」はBEVになった! ターボは航続可能距離591キロ、最高出力639馬力! 気になる日本導入時期は
Auto Messe Web
レイズのプレミアム鍛造ブランドVMFが放つニューモデル第2弾!VMF「L-01」が発表!
レイズのプレミアム鍛造ブランドVMFが放つニューモデル第2弾!VMF「L-01」が発表!
LE VOLANT CARSMEET WEB
「ホンダコレクションホール」のリニューアルオープンは3月1日!ホンダの歴史を体感しやすくなった! 「CBヒストリー」イベントも開催!  
「ホンダコレクションホール」のリニューアルオープンは3月1日!ホンダの歴史を体感しやすくなった! 「CBヒストリー」イベントも開催!  
モーサイ
【ドライブグルメ】新東名高速道路・NEOPASA 清水(上下線集約)のテイクアウトは、誰にでもオススメしたい逸品!
【ドライブグルメ】新東名高速道路・NEOPASA 清水(上下線集約)のテイクアウトは、誰にでもオススメしたい逸品!
Webモーターマガジン

みんなのコメント

10件
  • 備えましょう
    やっぱり初代が良かった車の1つ。
    今現在でもフォレスターと言われれば思い出すのはやっぱりコレ。
    登場前まではエクシーガ名も検討されたようだし、ハズレ個体だと窓落ちするのも有名だが、
    何と言ってもやはりこの時代もスバルは燃費が流石に問題。
  • なんぴん
    初代S/tbはターボで5MTで諸経費込みで250万円だった。
    安かった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.5276.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0258.0万円

中古車を検索
レガシィの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.5276.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.0258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村