サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豪トヨタに判決で波紋!? クリーンディーゼルの肝「DPF」の役割と販売の行方 今後どうなる?

ここから本文です

 2022年4月7日、オーストラリア連邦裁判所が、トヨタハイラックスなど合計26万台の「ディーゼル微粒子除去装置」に欠陥があることを認める判決を言い渡したという報道があった。

 同国にて、2015年から2020年の5年間に販売されたトヨタ「ハイラックス」「フォーチュナー」「ランドクルーザープラド」のディーゼル車が対象。今回の判決でトヨタ側の欠陥があったことが認められ、該当車両すべてのオーナーが損害賠償した場合、20億豪ドル(約1800億円)以上と予想されている。

豪トヨタに判決で波紋!? クリーンディーゼルの肝「DPF」の役割と販売の行方 今後どうなる?

 そこで、本稿では、オーストラリアでの判決の肝となる「ディーゼル微粒子除去装置」について解説。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン