サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサスを支えるSUV 新型NX登場!! 初PHEVも用意されてすげえ売れそう!!

ここから本文です

レクサスを支えるSUV 新型NX登場!! 初PHEVも用意されてすげえ売れそう!!

 2021年6月12日、レクサスはクロスオーバーSUVの新型「NX」を発表した。日本での発売開始は2021年秋、とのことだ。

 先代NXが日本デビューしたのは2014年7月末。当時、代を追うごとに大型化したRXの代わりに、レクサスのコンパクトSUVの急先鋒として誕生したのが初代NXであった。

今秋上陸のBMW新SUV! iXの最初期モデルは豪華仕様に

 この初代NXの2021年1~4月の日本での累計販売台数は2970台(300hが1845台、300が1125台)と、日本ではそれほど売れているとはいえないが、実は、2021年4月末時点で90以上の国と地域で100万台を販売するという、世界的には大ヒットしているモデルだ。

 今回のフルモデルチェンジで、大きく進化した新型NX。レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV、新型「NX」の詳細を、お伝えしていこう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】すげえ売れそう!! 新型NXの全貌をギャラリーでチェック!!

先代を引き継ぎつつ、細部をブラッシュアップ

 レクサスはNXを、RXとともに「グローバルコアモデル」としており、この2車種については、より強く世界中(特に中国、北米)へ向けて発信していきたい、という思いがレクサスにはある。

スピンドルグリルは更に大型化、下部にスリッド状の開口を設け、冷却性能が向上

 そのため、今作の新型NXには、次世代レクサスが目指している電動化ビジョン「Lexus Electrified」に沿って、レクサス初のPHEV(トヨタブランドでは、プラグインハイブリッドを「PHV」としているが、レクサスブランドでは「PHEV」と表記していくそう)を設定、ハイブリッド車とともに電動車の普及加速を狙う第一弾モデルとするという。

 ということは、次期型RX(現行型RXは2015年10月デビュー)でも、似たようなパワートレイン構成となるのは想像がつくところだ。

 新型NXのサイズは、4660×1865×1640(全長×全幅×全高ミリ)、ホイールベースは2690ミリ。先代NXよりも、20ミリ伸び、20ミリワイドに、5ミリ背が高くなり、ホイールベースも30ミリ伸び、大型化した。

 これは、現行RAV4(4600×1855×1690、ホイールベース2690)よりも、ちょっとだけ幅が広くなったサイズ感だ。もはやコンパクトSUVと言ってよいのか迷う大きさだが、国内外のライバルたちとガチンコ勝負することになる。

テールランプは左右連結した「一文字」タイプへと変更され、よりシャープな印象となった

 全体的なプロポーションは、現行NXを引き継いでいるが、細部はよりダイナミックな印象となった。さらに拡大されたスピンドルグリルや、意匠が変更されたヘッドライト周り、そして、テールライトを左右連結し、ヒップラインを持ち上げたことで、さらに「走りのクロスオーバーSUV」としての印象が強くなった。

LEDヘッドランプのなかに、L字のデイタイムランニングライトが埋め込まれた

レクサス伝統の「Lの字」テールランプを採用。ブランドマークは、従来のL字ロゴから、新たなLEXUSロゴに刷新されている

 ボディカラーは全部で9色。金属的なソニッククロムや、高彩度のセレスティアルブルー、深みのあるブレイジングカーネリアンコントラストレイヤリングなど、非常に多彩だ。

トレンドを取り入れつつ、ドライビングマインドを刺激するインテリア

 ヘッドラップディスプレイからメーターへと前後方向につながる情報表示系のレイアウトや、超大型のセンターディスプレイなど、運転中のスムーズな視線移動を実現している。

 スタートスイッチ、シフトレバー、ドライブモードセレクタなどは、ステアリング近くにレイアウトされており、姿勢を崩すことなく操作ができ、安全だ。程よくタイトなつくりとなっている運転席周りも、ドライビングマインドを刺激してくれるはずだ。

 また、昨今の欧州系高級車のように、新型NXにも64色の室内イルミネーションが採用されており、車内全体を照らしてくれる。14色が推奨カラーとしてプリセットされており、こうしたライティングコーディネートは、今後もトレンドとして続いていくだろう。

ヘッドアップディスプレイ、液晶デジタルメーター、大型ナビゲーションモニタが、運転中の視線移動を極力減らすように配置されている

14インチワイドタッチディスプレイを採用。コマンドコントローラーで操作するのではなく、直感的に操作ができるようにした

シフトレバーはコンパクト。その他のスイッチ類も極力シンプルにして、無駄なデザインを省いた

高級感に溢れたフロントシート

後席はサイドウィンドウが広く、採光が良い

PHEVのほか、なんと新開発ターボも

 新型NXのホットポイントは、なんといってもパワートレインだ。ラインアップは6つ、2.5L直4プラグインハイブリッド、2.5L直4ハイブリッド(FFとE-Four)、2.5L直4NAガソリンエンジン(FFとE-Four)、そして、2.4L直4ガソリンターボ(電子制御フルタイム4WD)だ。

 トップグレードに位置するプラグインハイブリッド車は、18.1kWhのリチウムイオンバッテリーの容量を誇り、クラストップレベルのEV走行距離を実現するという。RAV4PHVと同じバッテリー容量のため、おそらく95kmはEV走行可能なはずだ。EVモード、AUTOモード、HVモード、セルフチャージモードと、4つの走行モードを持つ。

 特筆すべき点としては、AUTOモードとHVモード時、ナビで目的地をセットすると、先読みEV/HVモード切り替え制御が働き、電池残量や経路、交通情報を元に、エネルギー効率の良い走りになるという点。非常に賢いシステムだ。

 2.5Lハイブリッドは、RAV4やハリアーでもお馴染みのパワートレインだ。使用されるハイブリッド技術「THS-II」は、現時点「世界最高峰」といっていい。4WDもお馴染み、e-Fourを採用。前後駆動配分は100:0から20:80で可変となる。2.5L NAガソリンも、すでに実績のあるパワートレインだ。

プラグインハイブリッドシステム。プロペラシャフトはなく、後輪はモーター駆動となる

バッテリー容量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載

 2.4L直4ガソリンターボは新開発となるエンジンだ。高トルク対応型ダイレクトシフト8ATと、フルタイムAWDの組み合わせのみとなる。TNGAの高速燃焼システムに加え、センター噴射直噴システム、ターボと触媒の近接配置などによって、環境対応も考慮したという。

 前後駆動配分は、75:25から50:50まで常時可変。高い接地感とリニアなステアリングフィールを実現するという。

2.4Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンも用意する

 2.5LのNAガソリンエンジンがあるのに、なぜ、あえて排気量を上げたターボエンジンを用意したのか、は疑問が残るところだ。

 ハイブリッドとNAガソリンエンジンの間をつなぐグレードとして、「顧客を逃さない」という策略なのかもしれないが、カーボンニュートラルが大きく叫ばれる時代に、わざわざ新開発したターボエンジンまで用意してくるとは、レクサスの商魂の高さには恐れ入る。

新型NXのパワートレインのラインアップ。このほかにも、中国専用としてNX400h+、NX260、また台湾とロシア専用としてNX200(2.0L直4)が設定

便利機能もさらに進化!!

 新型車になったことが真っ先に体感できる、新型NXの先進支援技術をご紹介していこう。

 全車速追従式のレーダークルーズコントロールや、レーントレーシングアシスト、レーンチェンジアシストは当然備わるが、新型NXではプリクラッシュセーフティが全面的に強化され、「事故を未然に防ぐ」機能が満載された。

 交差点侵入時に接近車両の方向をヘッドアップディスプレイにアニメで表示するクロストラフィックアラートや、システムが衝突の可能性が高いと判断した場合に、自動で操舵制御をおこなう、「アクティブ操舵支援機能」も装備された。

交差点侵入時に接近車両の方向をヘッドアップディスプレイにアニメで表示するクロストラフィックアラート

システムが衝突の可能性が高いと判断した場合に、自動で操舵制御をおこなう、「アクティブ操舵支援機能」

 また、歩行者の横断や飛び出しなどのリスクを先読みし、危険に近づかないよう運転をサポートするほか、減速操作をサポートしペダルの踏み換え操作を軽減するなど、一般道での運転をサポートしてくれる「プロアクティブドライビングアシスト」も備える。

プロアクティブドライビングアシストは、歩行者の横断や、飛び出してくるかもしれないなど、リスクの先読みを行い、運転をサポートしてくれる

 より派手な自動運転技術に目を奪われがちだが、市街地や交差点といった、リアルワールドでの技術の方が、技術的なハードルが高く、そして有効性も高い。あらゆる危険について、抜け目なく対応しているレクサスには、毎度驚かされる。こうした部分が、世界的にレクサスブランドの信頼性が高い根拠なのかも知れない。

大成功は間違いない!!

 まさに「正常進化」を遂げた、新型NX。デザインはキープコンセプトで細部を詰め、走りの良さに磨きをかけ、先進装備を満載し、パワートレインのバリエーションを増やして、顧客に多くの選択肢を与えた。NXは、今回の新型でも大成功するだろう。世界基準の新型コンパクトクロスオーバーSUVの登場が待ち遠しい。

【画像ギャラリー】すげえ売れそう!! 新型NXの全貌をギャラリーでチェック!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します